雑感

スポンサーリンク
雇用問題

45歳リストラについての考察【辞めてほしい人たちは辞めないのでは?】

45歳でリストラする大手企業が話題です。 この流れはトレンドとなり他の企業も追随する流れになるでしょう。 しかしこの流れが企業にとってプラスになるかどうかは数年後の結果をみなければ誰にも分りません。 ですので右へならえで行うべきかどうかは微妙です。 そして今現在リストラの対象になっている人も悩ましいところだと思います。 45歳前後は就職氷河期の真っただ中の世代です。 その世代は普通の就職...
職場環境

過去の成功体験が邪魔になる理由【謙虚な姿勢が最強】

人は成功体験をすれば、それが自信になり、好循環で自分自身の成長につながればよいのですが、このように成功体験を好循環で回せる人は本当に数少ないのです。 成功体験により好成績を納めると、どうしてもほとんどの人が天狗になってしまいがちです。 会社で一度成功体験をすると、それが個人のイメージとして定着します。 人にもよるのですが単純で自信家の人ほど、一度の成功体験で社内にできる人のイメージを強く印象...
職場環境

自分の仕事のスタンスを人に押し付けてはいけない【仕事のスタンスは人それぞれ】

職場では自分の仕事のスタンスを周りの同僚に押し付ける人がいますが、その行為は、はっきり言って何の効果もないと思います。 むしろ大きなお世話であり、自分よがりです。 そのような職場は働きにくい職場になってしまうだけです。 大抵の場合は、 「仕事をなめている」 「仕事だから絶対にヤリきらなければならない。これ以上大切なことはない」 「自分はこんなにも仕事を重視した生活を送っているにも関わらず、周...
職場環境

社内に於いて「腰巾着であることは最強にコスパが良い」が「腰巾着がいる人は大成できない」【社内政治力】

  会社で出世するには仕事に邁進するだけでは難しいです。 色々な社内制約を上手く打ち破ることや人間関係の荒波に上手く乗りこなす必要があります。 社内制約とは社内の規則や慣習は絶対的なものでありますが時としてそれが仕事の障害になります。 しかしそれを破るか破らないかの危険なグレーゾーンに身を置きながらも、黒を白と言い切る力も時として求められます。 「黒だったが見ないことにして白」。「黒だったがそれ...
職場環境

人の悪口を言うことは本当に無意味な行為なのか?【パワーの源】

いくつになっても人の悪口を言う人はどこにでも存在します。 学生時代から社会人になっても同じような人の悪口で盛り上がる会話を耳にします。 学生時代は、大人は人の悪口など言わないと思っていましたが、実際には年を重ねるごとに人の悪口を耳にする機会は増えるばかりです。 よく言われるのが、「人の悪口なんて言っても意味がない」「言う方が自分がみじめになるだけ」「聞かされる方はうんざりする」などなど 悪口...
職場環境

仕事ができない、しかし会社で生き残れる理由【逆パワハラ】

会社ではパワハラ上司は山のような数で存在しますが、そんなパワハラ上司も手を焼く人材も多数存在しております。 手を焼く人材であったとしても会社内では特に困った様子もなく生き生きと働いている事例は多くみられます。 逆に会社という組織の中では、いわゆる「普通の人」という存在が一番生きにくいのが現状ではないでしょうか? 普通に仕事ができ、普通に気遣いでき、普通に穏便にことを済ませる・・・・。 このよ...
職場環境

本当に危機管理できない会社の現実【勘違いした人たちの集まり】

巷では組織で問題が起こるとトップが責任を取るのは当然だと思われていますが、実際の現場のトップは自分が責任を取らなければならないという意識は思っている以上に希薄です。 なにより、ここ数年、スポーツ界でも、芸能界でも、事が大きくなって初めて、その組織のトップがしぶしぶ、表に出ていかざるを得なくなりひょっこり出てくるパターンになっています。 これはなにも巨大組織に限ったことではなく、世間一般の会社...
雑感

病気への恐怖心について【気にしすぎても意味ない】

中年に差し掛かると日々体調不良に悩まされます。 不安があると毎年の健康診断での結果に一喜一憂しているのではないでしょうか? 20代の頃は健康診断といってもサラっと受け流しており、結果についても特に気にもならなかったのですが、次第に要再検査などの結果を突き付けられ、毎年病院に再検診に行く人もおられると思います。 私も同じように会社の年に一度の検診であらゆる項目で要精密検査を突き付けられてきまし...
スポンサーリンク