労務管理ができない管理職が多い会社はブラック確定です

職場環境
スポンサーリンク

つい数年前までは営業成績第一で、時間外労働はやって当たり前という雰囲気でした。

時間外で働けば営業数値が良くなるのならば、いくらでも時間外で働くという風潮が残っている会社はブラック確定です。

今や時間外労働を減らす事よりも重視すべき項目はかなり少ないのが現実です。

今や管理職の仕事は、労務管理が第一という風潮になっているのですが乗り遅れている会社は結構あります。

その会社は残念ながらブラックですので、今後伸びしろはあまりないでしょう。

なので現在そのような環境で働いている時間外労働は将来的に無駄なので辞める事をお勧めいたします

仮に、いま現在で恒常的な時間外労働によって営業数値を上げるとします。営業数値が良ければ、かなりの確率で昇進することになります。晴れて管理職になることができたとしても、管理職になった時には一般職の部下は時間外労働に対して一線を引く時代になっており、結局は自分がしてきた成果の出し方(恒常的な時間外労働によるもの)は通用しなくなっているはずです。

もしも、その過去の自分のやり方を強要すれば、おそらく逆に一般職である部下から反撃されてしますはずです。

それくらい個人の時間の使い方はシビアになってきており、この流れは更に加速して行きます。

副業解禁する会社もちらほら出てきていますので、会社で出世して稼ぐという概念は形骸化しつつあります。

しかしまだそのような働き方を推奨している空気がある会社なら、出世しても、もう昔のような旨味はないので必要以上に身を尽くすのはコスパが非常に悪いです。

そんなことを言っても、ブラック企業であるかもしれないけれど、やはり会社を辞めるには労力が要りますし、折角覚えた仕事を手放すのも考え物であるならば、労務管理ができる管理職を目指してください。

毎日、数時間も恒常的に残業したり、休日出勤したりしている一般職を見て見ぬふりする管理職は、いずれ大きな火傷をおってしまいかねません。

もし一般職に労働災害が起こってしまえば、それが自発的な労働であっても、管理職は管理責任を問われかねません。

ブラック企業ではそのあたりの問題を社内だけでうやむやにしてきているのですが、実際には昔から頻繁に起こている事例です。(当事者しか知らないように隠蔽されています)

しかしもうそのような隠蔽体質は通用しなくなっています。

巷ではSNSで個人が社会にむけて発信する力を得ました。

当事者間での隠蔽はもうできません。

過去には管理職は営業成績在りきで様々な労力を一般職にかけても、お咎めがなかったかもしれませんが、今から管理職になる人はその辺の線引きをきっちりできないと部下に足元をすくわれます。

今や労務管理能力は営業数値を上げる能力以上に重要視されています。

ブラック企業の管理職はその能力が極めて低いはずです。

なぜなら、労務管理に対しての意識が無いままに管理職になっているからです。

いくら急に労務管理能力を求められても、建前上の管理しかできません。

表面的に管理できているようにする為に、更なるパワハラを行使するような状況です。

はっきり言ってもう存在価値すらない、存在がマイナスかもしれません。

存在がマイナスである管理職がいる会社は間違いなくブラック企業です。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村