障害者のための求人・転職サービス【利用手順を解説】

転職活動
スポンサーリンク

 

障害者手帳を利用した就職に興味があるけど・・・・・

いまいち、よくわからないので利用に踏み切れない・・・

利用したけど、満足できる求人がなかったらどうしよう・・・

初心者なので大体の概要を知りたい・・・・

そのような方にむけて利用手順を解説します。

手順その① ちょっとでも興味があれば、まずは登録する(完全無料)

登録は簡単に終わりますので、まずは興味本位で登録もするのもありです。

私はdodaチャレンジ に登録しました。

登録内容は、個人プロフィールのみです。

住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレスなど、直ぐに打ち込める内容のみですので、5分もかからずに登録可能です

登録すれば、即~数日以内にメールか電話でアポイントについてのオファーが来ます。

私はメールにはすぐに気づかず、電話も何回かとれなかったのですが、それでも連絡してきてもらい、電話で軽く近況を聞かれた後に、気軽な感じでアポイントを取ることになりました。

まったく堅苦しくないので、思っていることを聞いてもらうだけでもアポイントする価値はあると思います。

手順その② キャリアカウンセリングを受ける(完全無料)

キャリアカウンセリングには私服やラフな格好で構わないと言われたのですが、念のためスーツで行きました。

しかし雰囲気としては私服でOKでした。

専任のキャリアアドバイザーは1人につき2人でのサポート体制がある旨を最初に告げられ、そのあと、メインとなるキャリアアドバイザーさんと現状から今の仕事内容、転職に望むこと、などを普通の会話の中でお話する感じで進みました。

手順その③ 情報提供・求人紹介から転職への第一歩を踏み出す(完全無料)

キャリアカウンセリングで話た内容をもとに、いくつかの求人を紹介してもらいます。

もしそこで気になる求人があれば、申し込むことが可能です。

キャリアカウンセリングを受けるだけで、いわゆるエントリーできる状態にまでなっているという事です。

この段階で、dodaチャレンジ を利用することでかなりの労力が省けていることに驚きました。

まだ履歴書も、職務経歴書も書いていない段階からエントリーが可能ですので、労力と時間が大幅に削減できる点はかなりのおすすめです。

手順その④ 選考・面接対策に進む【就職活動を大幅にショートカット】

キャリアカウンセリングを受ければ、あっという間に選考・面接のステージに進んでいます。

同時進行で、職務経歴書の作成から添削、助言まで即対応してもらえました。

面接対策も、大体のパターンが決まっているようで、助言されたことはほぼ実際に面接で聞かれました。

家に帰ってしたことは、職務経歴書と履歴書を書いたぐらい(書き方についても丁寧に教えてもらえるので、未経験でもほぼ苦労しません)で他には特に対策に時間は費やさなくてもよかった感じです。

面接の日程調整の企業とのやり取りもすべて代行してもらえますので、安心して面接に臨めます。

手順その⑤ 内定・入社が決まり、活動が終了【あっと言う間に終わった】

採用・不採用のやりとりも代行してもらえますので、企業との直接やり取りは不要です。

その点はかなり気分的に楽になりますので大きなメリットがあります。

仮に内定しても入社の意思が無ければ、代行して辞退の旨も伝えてもらえるので、消耗度合いは低いです。

障害者手帳を利用した求職に関心があれば、経験するだけでも無駄な時間はほぼ無いです。

それくらい大幅に労力を削減した形で活動することが可能になる仕組みになっています。

無料で利用できますが、特に不便を感じる事は無かったので、使ってみても損はないです。

無料かつ手順も簡単ですので利用をお勧めします。

     

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村