退職する際の注意点は?【意識すべきこと】

転職活動
スポンサーリンク

仕事を辞める際に、注意すべきことがいくつかあります。

どうせ辞めるのだから適当でいい、と考えるならば遺恨を残して辞める事になるかもしれません。

初めて退職する場合は、経験していないと気付かない事もいくつかあります。

円満退社するための心掛けるポイントについて解説します。

転職活動のスタートは退職活動のスタートでもある

当たり前ですが、転職をするという事は、今の会社を退職することになります。

意識は転職活動に集中しがちですが、転職活動の着地点を見据えるならば、同時に退職活動も意識せねばなりません

いつまでに内定を得る、そして内定した会社の入社時期から現職の退職日を確定させる。

それにともない有給休暇の消化も考慮すれば、おのずと最終出勤日が決まってきます。

しかし、最終出勤日は自分本位ではなかなか決めれません。

やはり職場との調整が必要です。

ですので、辞める段取りもしておかないと、自分の思い通りに退職できない可能性があります。

最初に伝えるのは所属長が常識

辞めることが決まれば、まず最初に誰に伝えるべきでしょうか?

周りの同僚には言いやすいかもしれませんが、人事的な内容に関しては、まずは所属長に最初に伝えることが必要です。

そして所属長が職場の従業員に告げる日を決め、その後、退職がオープンになるのが順序です。

先に同僚に言ってしまうと、人の口には蓋はできませんので、知らない間に職場に広まり、自分が言うより先に所属長の耳に入る可能性が高いです。

そうなると所属長にとっては、あまり気分のいいものではないと思います。

筋を通すためにもまずは所属長に伝えるまでは周りには言わない方が得策です。

退職意思を伝えるのはできるだけ時間に余裕をもつべき

法律的には2週間前でいいようですが、2週間で欠員の穴埋めをすることは、既存の従業員に大きな負担がかかります。

ですので、欠員補充が可能であろう期間(1か月から2か月くらい)以上を目処頃に退職意思は伝えた方が良いです。

とはいえ、辞めた後に次の職をすぐに決めなくても良いという状態でしたら、きっちり準備して、タイミングを見計らって退職意思を伝えることができますが、退職後すぐに、次の職場に入社する場合はなかなかそういうわけには行きません。

ですので、次が決まっている場合は決まって即、退職意思を伝えることが円満退職につながります

退職理由はどう伝えるべきか

会社に不満があって辞める場合がほとんどだと思いますが、そのままストレートに不満を退職理由に挙げるのは、あまり賢いやり方ではありません。

少なからず、会社の従業員は、ほとんど全員何かしらの不満を持っていますので、不満が理由で辞めるのは、既存の従業員に対してもあまり良いイメージが残りません。

ですので、退職理由に関しては、自分の都合を主な理由として伝えるべきです。(家族の問題、からだの不調、他にやりたい仕事、など)

変に理由を会社の不満にすると、じゃあ、その不満を解消したら辞めないのか?という事になり兼ねません(いわゆる、引き留めです)。

しかし、辞める意思を伝えてからその会社に居残るのも今後の事を考えればメリットは無いです。

辞めると決めて伝えるからには、上司が引き止めることができない理由で伝えるのが社会人としての正解です。

次に行く会社について聞かれたらどうすればよいか?

辞める意思を伝えると、中には、次の会社について聞いてきたりする人も中にはいます。

言ってしまって支障があるかどうかは分かりませんが、正直にすべて話す必要はないので、あまり話さないほうが良いです。

これは所属長や、人事に対しても同じです。

言う必要はありません。

世間は意外と狭いですので、次に行く会社と今の会社の人間がつながっている可能性も0では無いです。

せっかく新しい環境い行くのですから、前の会社でのイメージは持って行かず、気分新たにスタートした方が良いと思います。

退職手続きは不備が無いように慎重に!

最後は、退職するための書類の提出です。

これに関しても経験がない場合は結構めんどくさいのですが、ネットで検索すればほぼすべての疑問は解消します。

仮に不備があった場合は、辞めた後でもまた退職した職場へ足を運ばないといけない可能性があるので、極力不備が無いように書類を丁寧にかたずけることをお勧めします。

 

スムーズの退職できれば、新しい環境に行く為の活力になります。退職に無駄なエネルギーを使うことは勿体ないので、できる限りスムーズに退職できるようにしましょう!

 

退職代行サービス利用のメリット
新たな転職先が見つかり、ホッとするのもつかの間で、今度は現職を退職する為に、煩わしい手順を踏んで退職しなければなりません。しかしもう辞めることを決めた会社に対して、煩わしい退職手順を踏むのは決して楽なことではありません。退職を決めるほど消耗した会社に対して、辞める時でさえ更に消耗を重ねることは疑問です。近年、そのような無駄な手順を踏まずに退職できるサービスが大盛況です。いわゆる「...

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村