会社を辞める意思を伝えるタイミングは難しい?

職場環境
スポンサーリンク

会社を辞めるにあたって、上司への報告は避けられません。

最近では退職代行など、お金を払って退職するなんてことも流行っているようですが、ほとんどの人は、まず上司に意思を伝えなければなりません。円満に辞める為のタイミングや時期、方法について解説します。

退職の意思を伝えるタイミングは?

転職者に限ってしか言えませんが、結論は辞める事を伝える最良のタイミングは転職先が決まったらすぐに伝えることがベストタイミングです

仕事の引継ぎが上手くいけばほぼ円満に退職できます。

ですので、退職意思を伝えるのは早ければ早いほど良いです

早ければ、会社も後任の準備期間がありますし、職場内でも欠員さえ補充できればさほど迷惑は掛かりません

仮にですが、自分は超優秀で代わりなんて居ないと考えていても、実際は全くそんなことはありません。どんな人材であっても欠員補充さえできれば問題なしです。

会社とはそういうものなのです。個人商店ではないのです。

転職先は決まっているが、言いだしにくいからと引き延ばすと、職場に迷惑がかかり、辞める際に欠員補充できていない状態で辞める事になるかもしれません。

こうなると、辞めてから職場に迷惑がかかり、辞める際も遺恨をのこしてしまいます。

何度も言いますが、自分が辞めても会社は困りません。

ですが代わりの人員補充ができないと、職場が困ります。

後任の準備もできないようなタイミングで辞めるのはNGです。

早く伝えることで誠意が伝わると思います。早く伝えることが誠意です。

現在の職場に迷惑をかけない為のベストはつくしましょう!

辞める会社とはいえ、今まで関わった以上、会社自体にはどうおもわれようと構わないですが、一緒に仕事をしてきた職場にはできるだけ迷惑はかけたくないものですね。

逆の立場で考えれば理解しやすいと思いますが、職場の同僚が辞めることで、自分に負担のしわ寄せがきたことはありませんか?

または職場で欠員がでたことで、大変な目にあっていた人をみたことはないですか?

一緒に頑張ってきた仲間が、自分の退職の為に負担がかかることは気持ちのいいものではないです。

ですので、辞める時は、できる限りベストを尽くすべきです。

転職活動の始まりは退職予定を想定することから始める

じゃあ、ベストを尽くすとは?

辞める時期は職場が忙しい時期は避けるべきだと思います。

なので、例えばですが、1月から3月は忙しくない職場でしたら、その期間に退職月を想定して逆算して転職活動スケジュールを組みましょう

やはり人事というものは繁忙時には移動させにくいものです。

ある程度の良識の下で、繁忙時の退職は避けるべきでしょう。

転職活動=退職活動

退職は転職と同様に一大イベントです。

ですので、転職活動は計画的に考えるものですが、同時進行で退職活動も行います

①辞める時期(転職先に就職する時期)を計画     

②同僚への仕事の引継ぎ(自分しかできない仕事を無くす)

③後任人事がスムーズに行えるよう、余裕をもって退職意思を伝える

あくまで自分の意思を貫くことが大切

仮に、退職の意向を示すことにより、引き留められることがあるかもしれません。

それはそれで、自分は必要とされていると悪い気はしないと思います。

しかし、引き留めは自分が思うほど、周りは自分の事を思っていないと思うべきです

引き止められる理由

身の上を心配される

やはりまだまだ転職=不安定という認識です。

ですので、辞めて大丈夫なのか?と心配してくれる場合もあります。

ですが引き止められたからといって自分が辞める理由となった問題が改善されることはほぼありません

上司の評価が悪くなる

上司が自分の評価を気にして、引き止めることもあります

ですがそういう理由で引き止める上司は評価が下がるべきなので完全無視でOKです。

つまらない奴かどうかは、自分で判断できると思います。

人員補充の目処が立たない

これはブラック企業特有ですが、時間をかけても、欠員が補充されないことがあります。

しかしこのような職場環境でしたら、もう見限るべきです。

見限っても無責任ではない職場環境です。

自分を大切にしましょう。

誠意をもって退職活動することが重要です。それでもスムーズに退職できる環境が整わなければ、それは会社として問題がありますので、割り切って、自分の意思を貫きましょう。強い意志をもった退職は周りからも納得を得ることができますし、次の職場でも受け入れてもらえます。