仕事を続けながら転職活動をするべきですか?

転職活動
スポンサーリンク

転職活動をするにあたって、現職を続けながら転職活動するべきか、辞めてからするべきか迷いがある人も多くいらっしゃると思います。

どちらにせよ、メリット、デメリットはありますが、総合的にどちらの方がいいのでしょうか?

実際に私も悩みました。

仕事を続けながら活動するべきか、辞めてからするべきか詳細に解説します。

結論ですが、現職を続けながら活動するべきです

私は、仕事を続けながら活動することを選びました。

今の感想としては仕事を続けながら活動して良かったと思っています。

仕事を続けながらの転職活動の方がメリットが多いと思えた理由を解説します。

メリット① 精神的に安定する

やはり仕事を辞めてしまうと、いろいろと不安が増えます

職がない状態で転職活動すると、どうしても職を決めなければならないというプレッシャーを強く感じてしまうはずです。

プレッシャーが強くなると、あまり気の進まない会社でも内定がでれば、安心したいが為にそこで決断してしまうとういデメリットがあります。

何においても、転職活動中に一番必要な事は冷静な判断力を持ちながら満足のいく結果を得る事です。

メリット② 金銭的にも安定する

転職活動に専念する為に、仕事を辞めてしまうと収入面でも不安定になりますので、更に内定取得へのプレッシャーになります。

なによりお金は絶対的に必要です。

お金は安定を生みます。

おそらく収入がストップした状態ではまともな判断ができなくなると思います。

なので、仮に転職活動で現職に支障が出たとしても、収入が全くなくなった状態よりもはるかにメリットのある状態で活動できます。

金銭的な安定はメリットしかありません。

メリット③ 印象が良くなる

採用する会社側も、現在無職の人材よりも、働いている人材の方が信用できると思います

逆の立場から、自分が採用する側で考えれば、やはり現在形で働いている人の方が信用できてしまいます。

ですので、敢えてデメリットのある状態で転職活動をするべきではないということです。

メリット④ すぐに決断しなくてすむ

仕事を続けていれば、仮に内定を得られても、じっくり考える余裕が持てます。

じっくり考えて、納得いかなければ内定辞退できるのはかなりのメリットだと思います。

企業側の言いなりにならずにすみます。

職がない状態で活動すれば、採用企業側も、ある程度強制的な条件を提示してくる可能性があります

例えば入社時期や給与面の条件、採用優先順位などなどです。

企業側の条件を断れば採用を見送る、つまり企業側に交渉の優位性を与えてしまいます。

仕事がなければ、企業側の条件をすべて呑まなければいけないかもしれません。

敢えてデメリットをあげるとするならば・・・

デメリット① 日程調整が大変

当たり前ですが転職活動する為には面接を受けなければなりません。

面接は平日に設定されますので、日程調整せねばなりません。

初期の面接では結構、こちらの希望を聞いてもらえるのですが、最終局面では指定された日程を変更することはほぼできません

変更希望した時点で不採用になる可能性が大きいです。

現職との折り合いをつけるのは少々面倒かもしれません。

デメリット② たくさんの会社は受けることができなくなる

仕事をしていれば、自由に使える時間は大幅に制限されましので、同時進行で複数の会社を受けることは難しくなります。

厳選して会社を受験せねばなりません。

デメリット③ 転職を考え直すかもしれない

実際に働きながらの転職活動では、途中で転職を諦めてしまう可能性も出てきます

現職でもいいかなと思えてくるかもしれません。

それはそれで1つの選択肢として有りだと思いますので、デメリットとは言い難いかもしれません。

 

現職の仕事環境にもよりますが、辞めずに転職活動するほうがメリットは多いのではないでしょうか。

仕事はいつでも辞めることが可能ですので、まずは辞めすに活動することを強くお勧めいたします。