ネオモバ投資経過報告【2020年11月6日】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産合計は先週末比でプラス約7万円になりました。

内訳は保有株化値上がりで評価損益が減少したことでのプラスです。

米国大統領選挙の影響なのか?日経平均株価は年初来高値の24325円で終えました。

このまま高値が続くとは到底思えませんので、含み益で出ている数銘柄の一部は利確していきました。

 

さて今更なのですが、ネオモバ利用歴1年2ヶ月にして今週いままで知らなかったネオモバルールを発見しました

ネオモバは1株から売買可能ですが、単元株(100株)ちょうどになる株数保有の場合は単元株でしか売却取引ができないという事実を知りました

どういうことかと言いますと、例えばですが90株保有状態で10株購入は可能ですが、100株保有状態で10株売却は不可能ということです。

単元まで保有株数が積み上がった場合はその単元を小分けで利確することができません。(仮に110株保有の場合は1株~10株までは1株単位での売却は可能。しかし残り100株ちょうどの状態では100株を切り崩した売却は不可です)

この事実を利用し始めて1年以上経った今更気付きました。(´;ω;`)

この件からもやはりネオモバは積立投資向きの証券会社であると実感しました

どちらかというとネオモバで保有株を売却するという面では結構デメリットや不利益があると言えます

今回の単元株の切り崩した売却不可の件もそうですが、約定代金月額50万円未満でのネオモバの取引手数料の優位性も売却する場面ではその優位性がかなり薄れてしまいます。(買いは少額で買う場面が多いものの、売却する局面では少額売却よりも高額売却するパターンの方が多いのではないかと思いますですので売却すれば約定代金はすぐに積み上がり約定代金が高額になりがちです

 

今週も1銘柄新規購入しました。

【9142】九州旅客鉄道です。

JR各社が今週決算で大幅赤字となり株価が下落していたので購入してみました。

鉄道株は初めての購入となります。

 

今週は下落銘柄も少なくほとんど買い増しできませんでした。直近での下落局面で買い増ししていた通信銘柄もほぼプラスに転じ始めました

KDDIもプラス7.52%と大幅に値上がりです。

もっと思い切って買い増しすべきでしたが仕方ありません。

NTTドコモに関しても、上場廃止で大きく利確できましたので、やはり業績要因ではなく外的要因での株価の下落は買い一択だと実感できました

今回の通信株の件ではやはりセクター毎の同時期下落にはチャンスな可能性が高いと学べました。

米国大統領選挙でのバイデン優勢でエネルギー株下落しそうですので注視していこうと思います。

 

ノーリスク株式投資を始めることも可能。

ノーリスク投資で資産形成【Tポイント+ネオモバ=資産】
コスパが良いTポイントの使い方についてコツコツ貯めたTポイントの使い方は人それぞれですが、Tポイントを買い物で使うことで支出を減らす使い方は若干もったいないような気がします。Tポイントは現金ではありませんのでどこでも使えるわけではありません。そのTポイントごとに使える場所やサービスが限られてしまいます。Tポイントが使えるお店やサービスは、付与したTポイントを使ってもら...

お買い物以外でTポイントを貯めるならアンケートサイトがおすすめです。