ネオモバ投資経過報告【2020年10月30日】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産合計は先週末から約5万円のマイナスとなりました。

先週の日経平均株価は月曜の23500円台の高値から金曜は23000円を割り込み22977円で終わりましたので、自身のネオモバ保有銘柄も同様に下落した結果となりました。

ネオモバ高配当銘柄分散ナンピン積立投資ですので、今週末は絶好の買場到来となったわけです。

しかし次週以降もまだまだ下がり続ける可能性は高いですので、少額からコツコツと限られた資金内でナンピンを機械的に継続していくのみです。

ナンピンしたことで現金残高も約9万円ほど減ってしましました。

 

 

今週は全体的に下げましたが、特に無限ナンピンループに陥っている銘柄がいくつかあります。

評価損益率が10%超え、かつ保有株数もかなり増えつつあります。

無限ナンピンでは目標平均取得単価を設定しつつ、資金の範囲内で目標単価に近づけます。

一旦目標平均取得単価まで下げることができればナンピンは一時中断です。

仮に目標平均取得単価まで下げることができても、無配に転落した銘柄は様子を見て売却しています。直近ではJFEホールディングス、昭和電工はすべて完全に売却してしまいました。ナンピンが報われなかったパターンです。

逆にこのナンピンが報われるパターンもあります。

最近ではJACリクルートメン、夢真ホールディングス、丹青社、丸紅などは一時的にかなりの含み損を抱えていましたが、無限ナンピンが功を奏して含み益状態まで回復からの一部売却で利確できました。

ネオモバでは1株から購入できるのでナンピンしていくリスクをかなり抑えることができます。

もちろん大底で買えるのが一番効率が良いのですが、底の判断ができない以上ある程度の無駄なナンピンは必須だと考えています。

 

 

また直近まで評価損益率がずっとプラスだった為にナンピンできずに株数を増やせていない銘柄も今回の下落で買い増しし始めることができました。

ずっと株数を増やしたいと思っていたのですがなかなか含み損にならなかったので買い増しできなかった高配当銘柄を今週は買い増せました。この2銘柄は単価が低いので次週以降も下がり続ければ気楽にナンピンしていく予定です。

 

 

あと今週も新規で2銘柄購入しました。

 

【1871】ピーエス三菱は最近まで保有していましたが保有株数が少なく評価損益率もかなり高くなっていましたので買い増しする機会が無いと判断して利確した銘柄です。結構下落してきていましたので再INしました。【6156】エーワン精密は高配当で財務体質も良さそうでしたので初めての購入です。

ネオモバ高配当銘柄分散ナンピン積立投資ではネオモバの1銘柄から購入できるというメリットを最大限に活用した投資方法です。株式投資の知識が少なくても大きな損失を出さずにインカムゲインとキャピタルゲインを狙いながら楽しく投資経験を積めます。

次週は米国大統領選挙ですのでまたまた買場到来かもしれません。

ノーリスク株式投資を始めることも可能。

ノーリスク投資で資産形成【Tポイント+ネオモバ=資産】
コスパが良いTポイントの使い方についてコツコツ貯めたTポイントの使い方は人それぞれですが、Tポイントを買い物で使うことで支出を減らす使い方は若干もったいないような気がします。Tポイントは現金ではありませんのでどこでも使えるわけではありません。そのTポイントごとに使える場所やサービスが限られてしまいます。Tポイントが使えるお店やサービスは、付与したTポイントを使ってもら...

お買い物以外でTポイントを貯めるならアンケートサイトがおすすめです。