ネオモバ投資【2020年10月】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

ネオモバ投資経過報告【2020年10月2日】

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産額合計は先週からプラスの約3万円です。

先週よりプラスにはなっていますが、実際にはほとんどの銘柄の評価損益は下がっております。

唯一、1銘柄の爆上げで全体を押し上げてのプラスです。

その1銘柄はずばり

【9437】NTTドコモです。

NTTによるTOBが決定してNTTドコモの上場廃止による結果です。

今回のNTTドコモの爆上げが無ければ、保有株評価損益はマイナス4万円と大幅下落です。

ちょうど通信株が下がり始めた段階でナンピンしていましたので、45株保有。

もう少し買い増ししておけばよかったのですが、同時進行でNTT、KDDI、ソフトバンクもナンピンしていましたので資金量を考えると、自分的にはまぁまぁの保有数とも言えます。

というわけで、このような経験は始めてでしたのでTOB買い付け価格も決定した翌日に、さっそくNTTドコモの保有株を売却しようとしたところ、TOB決定後は単元株でしか売却できないということを知りました。

取引注意情報には、単元株未満の場合は取次を行っている証券会社の口座を準備し、株式移管してからの売却という流れ。

正直めんどくさいと思いながらも仕方ないので口座開設をしようと思いましたが、他にも単元株未満の売却手段がある旨がネオモバHP上に掲載されていました。

その方法は3つあるということです。

①なにもせずそのまま放置。勝手に買い取ってもらえるまで保有しておく

 

この方法が一番簡単ですが売却金の着金まで時間がかかるとのことです。

②ネオモバイル証券へ買取依頼して買い取ってもらう

①の方法よりも売却金がすぐ手元に戻りますが手数料が1銘柄で550円必要とのこと。

③公開買い付けを行う証券口座を開設し、株式移管してからの売却

始めに知った方法ですが、口座を持っていればこの方法もアリですが、わざわざ口座開設までしてやる価値はないと判断しました。かなり労力がかかると思います。

手間と手数料が必要ない①の方法を選択したいところですが、資金拘束期間を考えると②の方法もアリかなと思います。

とりあえず③の選択肢は無し。

①か②で売却しようと考えています。

今回の件で、株式市場に於いては単元株未満の肩身はやはり狭いと実感しております。

とはいえ資金が少ない現状では仕方ありません。

ネオモバ積立投資で資金を増やします。

前回申し込んでいたIPOの当選結果ですが

SBIネオモバイル証券

ネオモバ投資経過報告【2020年10月9日】

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産は先週より約4万円ほど増えました。含み損を抱えていた銘柄の含み損が減少しました。

先週報告しましたNTTドコモの去就ですが、ネオモバイル証券への単元株未満の買取で売却することにしました。

書類はすでに送りましたので、NTTドコモの売却額が指定銀行に振り込まれることになります。

ネオモバ口座においては売却手数料550円(税込み)がマイナスされるということです。NTTドコモの売却額は銀行に振り込まれましたら、即ネオモバ口座入金する予定です。

ネオモバ入金金額200万円での運用は継続して行きますので、現状のほとんどがNTTドコモの評価損益プラス分が減少し、現金残高が増えることになります。

評価損益合計はマイナスになるかもしれませんが、保有資産合計の内訳の現金残高は増えますので、NTTドコモ売却分で他の銘柄を買い増して行きたいと思います。

今週は通信大手の株価も一旦下落が止まりましたので、先週ほどの買い増しはできませんでした。

特にNTTは下げ止まりが早かった為ほとんど買い増しできていません。

10月に入ってから株価の値上がりが続いています、含み益が膨らんだ銘柄に関しては分割利確して行きたいと考えています。

SBIネオモバイル証券

 

ネオモバ投資経過報告【2020年10月16日】

SBIネオモバイル証券

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産合計が先週末より約20万円ほど減っています。

理由はNTTドコモのTOBによる上場廃止の為に売却しなければならないのですが、単元株未満の場合は市場で売却できませんので、ネオモバイル証券に手数料550円(税込)を支払って買い取ってもらいました。

買い取ってもらった支払金は指定銀行に振り込まれるそうですので、ネオモバイル証券の口座には戻ってきません。ですので保有資産額が減ってしまいました。

ネオモバの口座からNTTドコモの株がなくなってから数日経ちましたが、いまだ指定銀行には売却金は振り込まれておりません。

振り込まれ次第すぐにネオモバ口座に入金したいと思います。

 

 

今月も約半月経ちましたが、今月の約定代金はいまだ15万にも達していません。

それだけナンピンする銘柄が無い状態です。ほぼ保有銘柄の株価の変動はありません。

先週末までは通信株のKDDI、NTT、ソフトバンクを買い増しして行きましたが、今週は通信株の株価の若干の回復があり含み損も解消しつつあります。ですので買い増しすることで平均取得単価が下がりませんのでほとんど買い増ししていません。

今週は若干下げたエネルギーセクターの【1605】国際石油開発帝石と【5020】ENEOSホールディングスをすこしだけ買い増ししました。

ENEOSは平均取得単価が415円で167株と200株に迫る株数になってしましました。

できれば平均取得単価が300円台にしたいところですが、200株までナンピンしたとしても300台まで下げることは不可能ですので、300株保有まで視野にいれなければ300円台になりません。一旦株価が上がって売却益を出しつつ株数を減らしたいところですが、それも現状難しそうです。

あと新規でかなり株価が落ち込んでいる【7911】凸版印刷と【8410】セブン銀行を新規購入しました。

これらの銘柄も下がれば買い増しして行きますし、ある程度上がってしまえば利確していく予定です。

とにかく保有し続けるのであれば株価がある程度下がって含み損が出たとしても、配当金が貰えるという理由でホールドできる銘柄を選定しなければこのナンピン投資法は継続できません。

ちなみに配当目当てでもヤマハ発動機や昭和電工やJFEホールディングスのように高配当銘柄でありながら無配が決定すれば即損切または株数を大幅に減らします。

NTTドコモの売却で現金残高が増えるので、次回の配当権利月が多い12月に向けて買い増しして行きます。

SBIネオモバイル証券

 

ネオモバ投資経過報告【2020年10月23日】

SBIネオモバイル証券

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産合計は先週末からプラス約18.5万円となりました。

株式はほぼ横ばいの約170万円。 評価損益は先週よりプラス約5000円とこちらもほぼ変わりません。

今週は現金残高のプラス分だけ保有資産が増えた状況です。

現金残高が増えた要因は、TOBで上場廃止となるNTTドコモの売却代金が銀行に振り込まれましたので、即ネオモバ口座に入金した為です。

現金残高は大幅に増えましたが、買い増しできる銘柄はほとんどない週となりました。

先月から下がり続けていた通信株も一旦下げ止まったようですので、あまり買い増しできていません。若干損益幅が大きなソフトバンクのみ少し買い増しました。

あと先週も下げていたエネルギー関連株も若干買い増しです。エネルギー関連株はコロナショック以降、底なしに下落傾向ですので恐る恐るの買い増しになります。

大きく下げてもナンピンは少額で継続していく予定です。

先週新規で買った凸版印刷とセブン銀行ですが、セブン銀行のみ少し買い増しました。

今週の新規購入銘柄は【1887】日本国土開発です。

以前保有していた銘柄でしたが、保有株数も少なく、含み益がかなり出ていましたのでもらえる配当金額よりも売却益の方が大きいと判断して売却していました

最近また下落してきて株価も結構下がってきていましたので再INしてみることにしました。

高配当銘柄は株価が大きく上がる期待は少ないものの、保有し続けていれば配当金が得られるという点が長期保有を継続する為の励みになります

しかし株価が下がりすぎて無配・減配に陥る可能性もあります。

高値づかみしてしまった高配当銘柄の無配・減配への転落は損失がダブルパンチ(株価+配当期待)となってしまいますので救いようがありません。

しかし株価の底あたりでの購入できれば、株価の値上がり益+配当金という非常においしいとこ取りができる可能性を秘めています。

ですので高配当銘柄ナンピン積立投資では出来るだけ低い平均取得単価を目指します

平均取得単価を下げるには1銘柄の株数を増やしてしまうと少額ナンピンでは取得単価を下げることはできません。

ある程度株数があり含み益が大きな銘柄に関してはすこしずつ分割利確して株数があまり増えないことを心掛けなければなりません。(ちなみに運用資産額が増えていけば保有株数も同じように増やしていけます。)

含み損が膨らんでも配当金があることですぐに損切せずに保有しつづけ、損切り回数をできるだけ最小にしていくことも重要です。(無配・減配時にはポジションは減らします)

株式投資で大きな失敗をしたくないならネオモバがおすすめ!口座開設は☟コチラから。

SBIネオモバイル証券

 

ネオモバ投資経過報告【2020年10月30日】

SBIネオモバイル証券

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産合計は先週末から約5万円のマイナスとなりました。

先週の日経平均株価は月曜の23500円台の高値から金曜は23000円を割り込み22977円で終わりましたので、自身のネオモバ保有銘柄も同様に下落した結果となりました。

ネオモバ高配当銘柄分散ナンピン積立投資ですので、今週末は絶好の買場到来となったわけです。

しかし次週以降もまだまだ下がり続ける可能性は高いですので、少額からコツコツと限られた資金内でナンピンを機械的に継続していくのみです。

ナンピンしたことで現金残高も約9万円ほど減ってしましました。

 

 

今週は全体的に下げましたが、特に無限ナンピンループに陥っている銘柄がいくつかあります。

評価損益率が10%超え、かつ保有株数もかなり増えつつあります。

無限ナンピンでは目標平均取得単価を設定しつつ、資金の範囲内で目標単価に近づけます。

一旦目標平均取得単価まで下げることができればナンピンは一時中断です。

仮に目標平均取得単価まで下げることができても、無配に転落した銘柄は様子を見て売却しています。直近ではJFEホールディングス、昭和電工はすべて完全に売却してしまいました。ナンピンが報われなかったパターンです。

逆にこのナンピンが報われるパターンもあります。

最近ではJACリクルートメン、夢真ホールディングス、丹青社、丸紅などは一時的にかなりの含み損を抱えていましたが、無限ナンピンが功を奏して含み益状態まで回復からの一部売却で利確できました。

ネオモバでは1株から購入できるのでナンピンしていくリスクをかなり抑えることができます。

もちろん大底で買えるのが一番効率が良いのですが、底の判断ができない以上ある程度の無駄なナンピンは必須だと考えています。

 

 

また直近まで評価損益率がずっとプラスだった為にナンピンできずに株数を増やせていない銘柄も今回の下落で買い増しし始めることができました。

ずっと株数を増やしたいと思っていたのですがなかなか含み損にならなかったので買い増しできなかった高配当銘柄を今週は買い増せました。この2銘柄は単価が低いので次週以降も下がり続ければ気楽にナンピンしていく予定です。

 

 

あと今週も新規で2銘柄購入しました。

 

【1871】ピーエス三菱は最近まで保有していましたが保有株数が少なく評価損益率もかなり高くなっていましたので買い増しする機会が無いと判断して利確した銘柄です。結構下落してきていましたので再INしました。【6156】エーワン精密は高配当で財務体質も良さそうでしたので初めての購入です。

ネオモバ高配当銘柄分散ナンピン積立投資ではネオモバの1銘柄から購入できるというメリットを最大限に活用した投資方法です。株式投資の知識が少なくても大きな損失を出さずにインカムゲインとキャピタルゲインを狙いながら楽しく投資経験を積めます。

次週は米国大統領選挙ですのでまたまた買場到来かもしれません。

SBIネオモバイル証券

ノーリスク株式投資を始めることも可能。

ノーリスク投資で資産形成【Tポイント+ネオモバ=資産】
コスパが良いTポイントの使い方についてコツコツ貯めたTポイントの使い方は人それぞれですが、Tポイントを買い物で使うことで支出を減らす使い方は若干もったいないような気がします。Tポイントは現金ではありませんのでどこでも使えるわけではありません。そのTポイントごとに使える場所やサービスが限られてしまいます。Tポイントが使えるお店やサービスは、付与したTポイントを使ってもら...

お買い物以外でTポイントを貯めるならアンケートサイトがおすすめです。