利用経験者から転職エージェントに伝えたいこと

転職活動
スポンサーリンク

転職エージェントは無料で利用できますが、利用者もエージェントも対等関係が続かないと転職エージェントの業績に影響すると感じました。

ちょっと気になった点を経験からお伝えします。

これから利用しようと考えている方は参考にしてください。

執拗な電話勧誘はNG

転職エージェントに登録すると必ず勧誘が行われるます。

無料ですが最初の登録は1つだけにしておくのがおすすめです。(後に追加登録していけばよいと思います)

勧誘の方法は電話かメールです。反応がなければ反応するまで執拗に電話とメールが来ます。

特にメールは怪しいのではないかと思うぐらい大量に来ますので、利用者からすれば逆に、もうこのエージェントは辞めておこう思うはずです。

電話もあまり執拗にかかってくると逆効果で、そのエージェントの利用を躊躇ってしまいます。

やはり良識の範囲内での勧誘を心掛けるべきですし、良識が伝わらないと利用者も安心して利用できません。

内定後の就職プッシュが激しい

転職エージェントは利用者の内定→就職で企業から報酬が得られます。

ですので利用者が内定を得れれば、エージェントとしては就職へと持ち込みたいのが本音であると思います。

ですが利用者側からすれば、就職活動した企業でも、いざ内定がでればその時点で少なからず迷いが生じると思います(本当にこの会社でいいのか?という迷いです)。

その迷いのある状態で、転職エージェント側から一方的に就職をプッシュされると、どうしても素直に聞き入れることができない状態になると思います。

エージェントの本音(就職決定後の報酬)はわかるのですが、やはり利用者の良い評判は今後の利用者アップにつながりますし、悪い評判は利用者を減らします。

なので利用者の立場に沿ったアドバイスをすべきです。

利用者のフィードバックは貴重な営業力となる

就職を決めて、実際会社で働き始めると、転職エージェントは利用者に、その企業の内情や細かな仕事内容、働きやすさなどのフィードバックを求めてきます。

利用した転職エージェントに好感があれば積極的にフィードバックしたいと思いますが、あまり良い印象がなければもう関わりたくないと思うはずです。

そのような利用者が増えれば満足のいくフィードバックが得られず、エージェントの営業力は他社と大きく差がついてしまいます。

今後につなげる為にもやはり最後まで良い関係を維持したほうが良いです。

口コミ評判で転職エージェントの利用率はかわる

先ほどから述べていますが、利用者の増加がなければその転職エージェントの業績は上がって行きません。

少なからず新規登録者への勧誘は利用者の増加に貢献しているのでしょう。

しかし、執拗な勧誘、利用者に寄り添わないエージェント都合の就職斡旋、転職後のフィードバックの強要は利用者の好感度を下げかねません。

そうなると利用者からの口コミ評判はマイナスに作用しかねません。

ですので長いスパンを考えれば利用者満足度を上げることが今後の営業活動に大きく影響していくはずです。

利用時も内定後も気持ちよく転職エージェントを評価したいのであまりビジネス側面は表に出さないほうが好感度があがるはず。必死の営業は業績の悪さからなのかと思えてしまう。ビジネスではあるが顧客満足度第一で営業すべき。