ネオモバ投資経過報告【2020年9月4日】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産は先週末比でプラス約3万円となりました。

内訳は数社からの配当金の入金とコロナショック後の回復出遅れ銘柄が若干回復したことが要因の様です。

      

      

      

9月配当入金は現在で4065円です。

週末にかけて米国市場ではハイテク関連が暴落しましたが、日本市場は若干の下落で留まりました。米国市場においてはハイテク銘柄以外は堅調に推移したため、自分が保有する日本高配当銘柄は市場の下落の影響はほぼありませんでした。

ハイテク銘柄は暴落し始めましたが、コロナショック後の業績不振による株価の回復が遅れていた銘柄が最近じわじわ回復傾向にあります

直近でも回復傾向にあったのですが、待ちきれずに含み損がある状態で一部損切りしてしまいましたので、損切を我慢してもう少し保有していれば含み益の乗った状態で売却できましたが後の祭りの結果論です。

しかし損切して正解だった銘柄もありますので、感情に左右されず、冷静な判断での損切が出来るよう経験を積んでいこうと思います。

回復出遅れ銘柄といえば、ウォーレンバフェットの日本商社株購入による商社株爆上げで若干ですが利確しました。その資金で直近下落傾向の携帯通信大手3社を購入しました。

米国市場では、ハイテク系が暴落したとはいえ、NASDAQとNYダウのコロナショック後のパフォーマンスにはまだまだ大きな差がありますので、この傾向はもう少し続くのではないかと考えられます。

ですので日経平均も23000円台と高値圏で推移していますが、日経平均株価が若干下落したとしてもネオモバ高配当投資では株価の回復が期待できそうです。

9月は権利確定銘柄が多いので、売却は控えめに株数を増やします。