ネオモバ投資【2020年9月】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

ネオモバ投資経過報告【2020年9月4日】

今週のネオモバ投資報告です。

保有資産は先週末比でプラス約3万円となりました。

内訳は数社からの配当金の入金とコロナショック後の回復出遅れ銘柄が若干回復したことが要因の様です。

      

      

      

9月配当入金は現在で4065円です。

週末にかけて米国市場ではハイテク関連が暴落しましたが、日本市場は若干の下落で留まりました。米国市場においてはハイテク銘柄以外は堅調に推移したため、自分が保有する日本高配当銘柄は市場の下落の影響はほぼありませんでした。

ハイテク銘柄は暴落し始めましたが、コロナショック後の業績不振による株価の回復が遅れていた銘柄が最近じわじわ回復傾向にあります

直近でも回復傾向にあったのですが、待ちきれずに含み損がある状態で一部損切りしてしまいましたので、損切を我慢してもう少し保有していれば含み益の乗った状態で売却できましたが後の祭りの結果論です。

しかし損切して正解だった銘柄もありますので、感情に左右されず、冷静な判断での損切が出来るよう経験を積んでいこうと思います。

回復出遅れ銘柄といえば、ウォーレンバフェットの日本商社株購入による商社株爆上げで若干ですが利確しました。その資金で直近下落傾向の携帯通信大手3社を購入しました。

米国市場では、ハイテク系が暴落したとはいえ、NASDAQとNYダウのコロナショック後のパフォーマンスにはまだまだ大きな差がありますので、この傾向はもう少し続くのではないかと考えられます。

ですので日経平均も23000円台と高値圏で推移していますが、日経平均株価が若干下落したとしてもネオモバ高配当投資では株価の回復が期待できそうです。

9月は権利確定銘柄が多いので、売却は控えめに株数を増やします。

ネオモバ投資経過報告【2020年9月11日】

今週のネオモバ投資報告です。

資産合計は先週末比でプラス約4万円です。

買付可能金額も先週末より約19万円ほど増えました。

今週は先週に引き続き、今まで好調だった成長株が下落し、反面不調だった割安高配当銘柄が続伸しました

特に保有銘柄では、人材派遣系とイベント系、化学関連の株価が爆伸びした感じです。

コロナの影響で大きく下落していたカテゴリーがここにきて見直された感じですね。

結果として保有資産合計は大きく先週から増となりました。

9月は多くの銘柄の配当権利付与月ですので、今月は売却せずにホールドで行く予定でしたが、評価損益率があまりにも上がり過ぎた銘柄の一部を売却

同じく評価損益率が上がり、かつ保有株数が少ない銘柄も全利確しました

理由は保有株数が少ない銘柄に関しては得られる配当益よりも売却益の方が大きいということと、上がり過ぎてナンピン買い増しが当分できそうにないと判断したからです。

投資資金が潤沢であればそのままホールドし続けるのですが、資金を増やす為に、配当金よりも売却益の方が大きいと判断した場合は売却します

今回買付可能額が大幅に増えましたので、下落トレンド入りした携帯通信大手の数銘柄を毎日買い増ししました。

通信大手は配当の安定性が魅力です。

コロナの影響で既存の高配当銘柄も減配・無配転落が後を絶ちません。

配当を期待して買い増ししていても、株価下落と減配・無配では資金が水の泡です。

しかし通信大手の配当はかなり盤石でありますので、高値で買い辛かった銘柄ということもありチャンスではないかと考えます。

次週も通信大手が回復しないようでしたら少しずつ買い増しします。

 

 

今週の入金された配当金は

             

1421円でした。

配当金は投資継続のモチベーションになりますね。

ネオモバ投資を始めてから丸1年が経ちました。

コロナで一時的に大きく資産を減らしましたが退場せずに続けてこれました。

投資初心者でもなんとか利益が出せるのがネオモバだといえます。

引き続き緩くネオモバ高配当銘柄ナンピン積立投資を継続します。

ネオモバ投資経過報告【2020年9月18日】

今週のネオモバ投資報告です。

今週も先週同様に通信大手の株価が軒並み下落しました。通信株のナンピン買いをする為に、保有株数の少なくかつ評価損益率が高い銘柄に関しては今週も売却して行きました。

保有資産合計は先週末とほぼほぼ変わっていません。評価損益は利益が出ている銘柄を売却して行きましたので半分くらいに減少です。

あくまで個人的な印象ですが、結構保有株の株価の過熱感を感じましたので更に保有株数の多い銘柄でも評価損益率の高い銘柄については一部売却。今月は配当権利月銘柄が多いのですが結構売却してしまいました。

結果、今月の約定代金が50万円を超えてしまいネオモバ利用料は1100円になりました。

あと2435053円の約定まで利用料1100円ということですが、この枠は使い切ることはないでしょう。ネオモバでは保有株を売却してしまうと月間利用料を50万円に抑えるのは困難ですね。やはりネオモバは積立投資にしか向いていないと言わざるを得ないでしょう。

さて今週入金された配当額ですが

    

2銘柄で315円でした。

今週は申し込んでいたIPOの当選結果が出ていました。

結果は落選です。前回も落選しましたのでまだ当選経験はありません。

近々もう1件申し込み期間が迫ってきていますので申し込んでみようと思います。

ネオモバ投資経過報告【2020年9月25日】

今週のネオモバ投資報告です。

資産トータルは先週より約マイナス3万円で着地しました。

詳細ですが現金残高が約12万円マイナス。評価損益は先週からマイナス1.7万。保有株式がプラス約8万円という内訳です。

今週も若干の利益確定と8月末より続けている通信大手のナンピンを行いました。

それ以外は特に大きな動きも無く特記事項はない週となりました。

利益確定により売買損益は今年累計でプラス75801円となりました。

配当銘柄の積み立てのほうは無配・減配が響いて、未だ2万円にも達していません。

ネオモバ高配当銘柄ナンピン積立投資に於いては、手堅く配当金を得ることが出来なければ資産は減少してしまいます。高配当銘柄のキャピタルゲインはあまり期待できません。株価の値上がり無しに資産を増やすには、配当金の積み上げと、株価が下がったタイミングでの買い増しの2つです。

今回は、値上がり益が出た銘柄を思い切って売却し、通信大手の値下がりにその資金を充てました。

        

評価額はマイナスですが株数は着実に増やすことができました。

高配当であっても、業績に悪化に伴い、簡単に減配・無配にする企業はあてにできません。

今月は権利月ですので通信株数を増やしたことで、配当を得る可能性を上がて行きたいと思います。

年末に向けての配当金の推移に注視して行きます。

また今週もIPOに申し込みました。

次週に結果報告します。