ネオモバ投資経過報告【2020年7月17日】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

今週のネオモバ投資経過報告です。

週前半で約7万円買い増ししました。

今週は前半に大きく落ち込み、中盤回復からの終盤下落という流れでした。

ネオモバ保有銘柄の落ち込みは意外に少なく先週末よりも若干プラスで着地することができました。

日経平均株価の落ち込みは成長株銘柄の落ち込みは大きかったようです。

ちなみに別証券会社で保有中の低位小型株は大きく下落しましたので含み損が膨らんでいます。。。

新型コロナの感染者は増加傾向ですので、今後の業績にもまた大きく影響しそうです。

ですのでまた株価の下落局面が長期で続く可能性が高くなってきました

ネオモバ高配当銘柄ナンピン積立も下落局面が長く続く中で資金量を増やさなければ対応できませんので、買い増し頻度と買い増し株数を下げつつ、ナンピン長期戦を視野に入れていこうと考えています。

ネオモバナンピン長期戦の対応策としましては、

  1. 新規で保有銘柄を増やし広く浅くのナンピンを意識
  2. 大きく含み益が出た銘柄の少額売却でのナンピン用資金調達
  3. 株価の回復が見込めない銘柄の損切
  4. 追加の資金投入検討(100万程度)
  5. 資金管理の徹底

コロナショックで一時期40万円以上の含み損が出ていましたが現状大幅回復。投入資金200万円に対しては若干のマイナスまで戻すことができました。

下落トレンド局面では含み損株を売却したくなります。

はやく現金に換金してこの局面から逃げ切りたいという思いが強くなったことで、早期の売却に走り過ぎた反省があります。

もしも早期売却せずに今でも保有していれば、現状よりも大幅に含み益がある状態であったはずですので、やはり下落局面はチャンスだということで積極的な買い増しがポイントです。

ネオモバでは究極の分散投資が可能です。

  • 時間分散
  • セクター分散
  • 株数分散

負ける可能性の高い投資初心者にとってはかなり有利な条件で取引可能です。

IPOも当たれば大きなチャンス