障害者手帳を持つことに抵抗ありますか?

障害者手帳
スポンサーリンク

不整脈による心肺停止で意識不明という最悪の事態を経験しました。

不整脈の原因が究明できず、治療の手立てがないためペースメーカーにお世話になることになりました。

それと同時に病院から障害者手帳の手続き書類を渡されました。

まったく障害者手帳の知識がなかったので正直最初は凹みましたが・・・

障害者手帳を持つことで、なにか生活に制限がされてしまうというイメージを持ってしまいました。

しかし持っていようがいまいが自分の現状は何も変わりませんし、もちろん日常生活の制限もありません。つまり今の自分ができることはできますし、今の自分ができないことはできません。手帳をもつからどうこうといったことは何もありません。

会社にも障害者手帳の所持の有無は聞かれませんし、わかりません。

障害者手帳の知識がなかっただけで、実際には多くの方が障害者手帳を保持しています。

ごく一般的なものであるというのが実感です。特別なものというイメージは、今はありません。

すごく恩恵があるのか?と言われれば、あまり恩恵はないです

実際、障害者手帳を現在所持していますが、すごく持っててよかった!というような恩恵は今のところあまり感じていません。

”お守り的なもの”という感覚すらありません。

公共機関の割引や減税やサービスが受けれるのかもしれませんが、障害の等級や市町村によっても違いがありますし、所有者が皆おなじ恩恵を受けれるというわけではありません

私の場合、通院にバスを利用しているのですが、その運賃が無料です。

しかし自動車運転免許証の維持の為に半年に1回、警察に医師の診断書の提出を義務づけられています。

診断書は1枚3500円で年間7000円です。バスでの通院運賃は年間2500円程度です。

違う側面から見れば障害を背負ったことで余分な出費もあり、それをまかなって貰えるほどの恩恵はあるとは言い難いです。

転職する際に障害者雇用枠で転職しましたが、正直恩恵と言えるほどの待遇では無いです。

逆に低賃金ですが求められる労働は健常者とさほど変わりません。(身体的にできないことへの考慮はあると思いますが、私は特に考慮されなくても良い部類なので特に恩恵は感じないです)

障害者手帳を持つのは任意です

障害者手帳を保有していても言わなければ誰も持ているどうかはわかりません。

なので持っている方が、これからの生活に少しでもメリットがあると思うのであれば持てば良いと思います。

逆にメリットが特にないと思えば持つ必要はありませんし、持ったとしても更新しなければ良いと思います。

自然な流れで考えればよいと思います。

 

障害者手帳を持つことで自分に制限が掛かることは全くありません。持ってメリットのある方は持てば良いと思いますし。手帳を持っても特別な状態になると言うわけでもないです。