【日経爆上げ?】ネオモバ投資経過報告【2020年6月5日】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

 

素人判断ですが、実体経済から考えて上がるはずがない株価ですが・・・・。

5月は日経平均株価は上昇が続き23000円目前です。

6月に入った今週も日経は絶好調でした。なぜ?

やはりコロナからの回復は大きな材料ということですか?

コロナショックから相当な回復をみせており、もう少しで完全回復してしまいそうな勢いです。

【出典:yahooファイナンス】

しかし現状のコロナショック大暴落からの回復も、第2波の恐れからいつ下落が始まるかわからない状況ではあると言えます。不安定感は否めません。

前回のネオモバ投資経過報告では、ネオモバ投入金額の200万円をとうとう回収でき生還できたことをお伝えしました。

【コロナショックから生還】ネオモバ投資経過報告【2020年5月29日】
とうとうこの日がやってきました。ネオモバ投入金額200万円が今回ようやく回収でき、スタートラインに戻ってくることができました。一時はもう回復しないのではないかと不安でしたがコロナショックから生還でき一安心といった感じです。(5月は総投入金額200万円から+1万円で着地)3月13日の大底では一時的にマイナス40万円まで暴落。そして数日前の最高値(5/28)ではプラス28000円まで...

高配当でない、もしくは配当維持が厳しそうな売却したい銘柄に関しては今週、数銘柄売却しました。

しかしまだ売却したい銘柄を残しており、完全高配当銘柄のみのポートフォリオにはなっていません。

ネオモバ最大のメリットである「高配当銘柄の積立てのみ」で売却しない投資スタイルに変更する為、若干の手数料は気にせず売却して行こうと思います。

【大失敗】ネオモバ手数料に注意!!【S株取引がおすすめです】
ネオモバを始めてから約半年が経過しました。取引にも慣れてきましたので、かなりの頻度売り買いしているのですが、投資資金を増やして取引していると、単元株(100株)単位での取引も行うことが増えてきました。ネオモバを始めた方は、最初はS株のみ取引きをしていても、慣れてくると物足りなくなって単元株でも取引きをし始める可能性があります。ネオモバでも単元株での取引は有効なのかどうかですが...

コロナショックで大暴落した時点で、ナンピン用に投入した資金80万円も丸々回収できた状態に戻りました。

   

ネオモバ投入金額は200万円とはいえ、実際の株式においては120万にも満たない状態ですので、高配当銘柄の積立による配当金を増やす方針ではもっと株式を積立なければなりません。

     

今月は3月権利確定の配当が入ってくる月ですので続々配当金が振り込まれます。しかし株式自体が少ないですので金額が雀の涙です。

今となっては、大暴落後の回復途中であった先月、先々月は絶好の買場であったことは間違いないです。

しかし当時は含み損の回収の為のナンピンに注力し過ぎましたので、資産となる優良高配当銘柄の積立はあまりできなかったのが現状であります。

今回の経験を踏まえ、優良な高配当銘柄を選定しつつ、下げたら買いのスタイルを徹底的に作り上げたいと思います。

  1. 高配当維持が可能な銘柄の選定
  2. 上記銘柄のポジションをとる
  3. 含み益は重視しない
  4. 含み損を膨らませない
  5. その為平均取得単価を下げる
  6. ナンピンに徹する
  7. 減配・無配は売却