【株探活用のススメ】ネオモバ投資経過報告【2020年5月22日】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

今週の日経平均株価は週明けに爆上げしたものの、週末には先週末と今週明けの中間程度での着地となりました。

週を追うごとに上がって来てますが、完全に上昇基調とは言えない感じがビンビンしますね。

いつどうなってもおかしくない状況は変わりません。

ネオモバ投資経過報告

↑先週末

↑今週末

現金比率はほぼ変わらず、保有株の株価上昇で含み損が5万円ほど改善されました。

投資金額200万円回復までもう一歩まで来ました。

ネオモバ投資 今後の方針

5月の今月は決算発表が相次ぎました。

思っていたほど悲惨な決算が少なかったこともあり、結構な上目線の値動きがありましたが、今回好調だった企業でも次回の決算発表は新型コロナの自粛期間の実績と被ってきますので、正直今後右肩上がりで上がっていくという楽観視はできないと思います。

新型コロナ丸被り機関の決算発表が相次ぐ3ヶ月後の8月に大きな下落トレンドが来るのではないかと予測しますので、ここ直近では保有し続けていく銘柄と手放すべき銘柄を明確にして良いタイミングで利確していく方針です。

現金比率を上げて下落時に大量に買い増ししたい。(ソフトバンクショックがいきなり起こらないことを祈ります。ソフバンの大暴落で8月までに日経総崩れが若干怖い・・・・・。)

銘柄選定方法について

今後保有し続けるべき銘柄選定方法ですが、四季報では年4回発行という訳で、若干アップデートされるまでには時間を要します。ですので四季報の情報をそのまま今の現状にあてはめることはできません。

最新情報で銘柄選定するにはやはりWEB上での情報が必須です。

おススメなサイトはやはり誰もが知る「株探」がおすすめですね。

「株探」なら最新情報が日々アップデートされますので手軽に情報収集可能です。

しかも無料。

「四季報」は大まかな銘柄選定に活用。

「株探」で更に細かい情報をチェック。

新規銘柄を打診買い

保有株の継続保有選定以外にも、新規で購入するときに同じく「株探」を利用します。

新規で購入する前に「株探」で詳細をチェック。

この流れで買いたい銘柄があれば1株から購入可能なネオモバで打診買いして行きます。

ネオモバでは1株から購入できるので、買うタイミングを見計らわなくても気軽に打診買いしてから値動きに応じて買い増しして行けるので便利です。