ネオモバ投資【2020年5月】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

【微妙な位置】ネオモバ投資経過報告【2020年5月1日】一旦現金化で様子見します

コロナショックで大暴落後の日経平均株価は、2番底の恐怖におびえながらも、4月30日に一時的に20000円台に回復。

しかし翌日の5月1日には574.34円(-2.81%)の大幅下落で20000円を早々に割り込みました。

ゴールデンウィーク前という事もあり、5月1日は下がるような気がしていましたので、昨日4月30日には含み益の出ている銘柄の大半は売却してしまいました。

下がったとはいえ、一時的な底(16000円台)からみればまだまだ高値圏と言えます。

高値圏のように見えますので、どちらかと言えば下げるのではないかと・・・。

あまりリスクオンの気分にはなれません。

ゴールデンウィーク明けはどうなるのか?

ゴールデンウィーク中も市場が開いている米国市場の動向次第と言えそうです。

一旦は買い増しも、新規銘柄保有もせずに、出来る限り現金にできる銘柄の現金化をして今後の動向を見守るしかありません。

実体経済や今後の景気下落感で満ち溢れた展望を考えれば、やはり下目線にならざるを得ません。

しかし、実体経済とは関係なく、裏の裏の裏をかく様な市場には素人目線からは何とも言えません。

今後の展開次第ですが、下がれば少額買い増しの継続。

上がれば静観で、利確出来るタイミングで小利でも拾っていくといった感じで考えています。

とりあえず早く含み損を無くしたい・・・・。

以前は暴落銘柄を救出する為に、資金を追加投入しましたが、やはり扱い額が大きくなると、どうしても月間約定代金が50万円を超えてしまい、ネオモバの最大のメリットである「月額利用手数料実質20円」の恩恵を受けることができません。

【大失敗】ネオモバ手数料に注意!!【S株取引がおすすめです】
ネオモバを始めてから約半年が経過しました。取引にも慣れてきましたので、かなりの頻度売り買いしているのですが、投資資金を増やして取引していると、単元株(100株)単位での取引も行うことが増えてきました。ネオモバを始めた方は、最初はS株のみ取引きをしていても、慣れてくると物足りなくなって単元株でも取引きをし始める可能性があります。ネオモバでも単元株での取引は有効なのかどうか...

という訳でネオモバでは、これ以上の追加資金投入は考えていませんので、下がったところで少額買い増しを継続あるのみです。

何とか平均取得単価を下げることに注力です。

ネオモバでは、大きく下がった後でも、少額ナンピンが可能ですので、結構大幅含み損の銘柄も救出に成功しています。

大暴落時100種類を超える銘柄を保有していましたが、現在では70銘柄と約30銘柄の救出に成功しました。(数銘柄は約定時間のタイムラグで若干の損失を負いましたが・・・・。)

今後はとりあえず、売却益目当ての銘柄を早々に手放して、ネオモバ利用に最適な高配当銘柄の積立投資戦略へと移行します。

【結論】ネオモバでの資産運用は高配当株の積立が最適【超簡単】
 お金を銀行にすべて預けておくのは勿体ないので一部は株式投資のススメ「株は難しそうだからめんどくさい。」とか「株式投資に興味があるけど損したら嫌だな。」とか「そもそも投資するほどの余剰資金がありません。」とか株式投資は敷居が高いイメージをお持ちの方が多いはず。そのまま銀行に置いて放置で安定。しかし実際には意外と簡単に資産の運用は可能です。まずは大勢に全く影響のな...

【コロナショック回復?】ネオモバ投資経過報告【2020年5月8日】

ネオモバ経過報告です。

日経平均株価はGW明けて再び20000円台に回復。保有株たちも総じて株価を回復しつつあります。

【出典:yahooファイナンス】

先週の経過報告では、GW後の暴落を危惧しており、含み損が消えた銘柄たちは売却して現金比率を高める投資方針を考えていました。

現状、日経が20000円台回復したとはいえ、コロナ後の企業業績は正直あまり期待できませんので、やはり現金比率を高める方針を継続しようと思いますが、コロナの蔓延状況が徐々に緩和されている状況では若干強気で保有したい気は無きにしも非ずです。

しかし現状は期待感のみでの上昇のような気がするのであまり欲をかかない方が無難でしょう。たぶん。

取り急ぎ、高配当積立保有銘柄以外のキャピタルゲイン狙い銘柄は、ある程度の利幅で売却しようと思います。

やはりネオモバでのキャピタルゲイン狙いは手数料が高くなってしまいます

【大失敗】ネオモバ手数料に注意!!【S株取引がおすすめです】
ネオモバを始めてから約半年が経過しました。取引にも慣れてきましたので、かなりの頻度売り買いしているのですが、投資資金を増やして取引していると、単元株(100株)単位での取引も行うことが増えてきました。ネオモバを始めた方は、最初はS株のみ取引きをしていても、慣れてくると物足りなくなって単元株でも取引きをし始める可能性があります。ネオモバでも単元株での取引は有効なのかどうか...

キャピタルゲイン狙いは楽天証券で行います。若干上げ基調の雰囲気が出てきましたので昨日低位株の4銘柄を楽天証券で新規購入しました。低位株の底力には夢があると思います。

【簡単】低位株で資産を増やす【低リスク・高リターン】
コロナショックで株価は一時的に大暴落しました。稀にみる暴落ということで、証券会社口座の新規申し込みが殺到しているらしいです。初心者といえども、最も底で買えていれば、おそらくどんな銘柄を買っていても、現在ほとんど含み益が出ているはずです。日経平均株価3か月チャート【出典:yahooファイナンス】そこでがっつり買う事が出来れば、知識や経験がなくても現状含み益がある状態ですね。しか...

 

 

トータル200万円投入しているネオモバ口座ですが、かなりの回復をみせ、損益では現状の含み損よりは少ないマイナスで推移中です。(結構利確しました。)

一時は40万円以上の含み損でしたので大幅回復といえます。

今さらながら、大幅に落ちた底の時にもっと購入すべきだったと後には思うものの、実際の暴落に直面すると不安で大きく購入できませんでした。今後、暴落時のメンタルは教訓にして大きく下げた時には買い向かいたいと思います。

ネオモバでのキャピタルゲイン狙いの銘柄売却が落ち着けば、新規での高配当積立銘柄を見つけて始めていこうと考えています。

【結論】ネオモバでの資産運用は高配当株の積立が最適【超簡単】
 お金を銀行にすべて預けておくのは勿体ないので一部は株式投資のススメ「株は難しそうだからめんどくさい。」とか「株式投資に興味があるけど損したら嫌だな。」とか「そもそも投資するほどの余剰資金がありません。」とか株式投資は敷居が高いイメージをお持ちの方が多いはず。そのまま銀行に置いて放置で安定。しかし実際には意外と簡単に資産の運用は可能です。まずは大勢に全く影響のな...

高配当積立銘柄は下がれば買うの投資方針ですので、日経平均が上げている時でも下げる銘柄見つけれるように監視銘柄を増やして行きます。

今後、監視銘柄も報告して行きますのでよろしくお願い致します。

 

ネオモバ保有銘柄【5月9日時点】

ネオモバ保有銘柄が一時期100銘柄を超えていましたが、直近の日経の回復により薄利でも即売却することによって70銘柄程度減りました。

ネオモバでは高配当銘柄の長期積立がベストな利用方法ですの、取り急ぎ高配当銘柄以外は売却して行こうと思います。

現状は70銘柄ほどにはなりましたが、まだまだ売るべき銘柄も多数保有しております。

今回は一度銘柄整理すべく、保有銘柄を公開しようと思います。

今回のコロナショックでの敗因は1月に資金を大幅投入して、新規追加したことで一時期40万円以上の含み損を食らいました。

株価下落後もネオモバならではの少額買い増しですこしずつ平均取得単価を下げる事で売却可能な範囲まで持ってくることができました。

下落率の幅が大きな銘柄に関しては今後も買い増しナンピンで救っていこうと思いますが、一旦保有銘柄の今後を整理してみました。

銘柄コード 企業名 株価 平均取得 株数 損益 利回り 保有OR売り
1417 ミライトH 1433 1662 1 -229 2.79% 売り
1448 スペースV 344 379 63 -2205 7.26% 売り
1451 KHC 531 533 27 -54 8.28% 売り
1737 三井金属エンジニア 693 689 17 +68 4.76% 保有
1994 髙橋カーテンウォール 409 550 100 -14100 4.88% 未定
2120 LIFULL 355 367 88 -1056 未定
2124 JACリクルートメント 1180 1470 37 -10730 6.77% 保有
2136 ヒップ 529 556 19 -513 4.53% 売り
2367 夢真ホールディングス 625 648 40 -920 5.6% 保有
2376 サイネックス 625 680 1 -55 2% 売り
2385 総医研ホールディングス 474 476 132 -264 0.84% 売り
2393 日本ケアサプライ 1303 1369 3 -198 3.53% 保有
2411 ゲンダイエージェンシ 255 303 80 -3840 9.8% 売り
2812 焼津水産化学工業 929 920 2 +18 2.58% 売り
2914 日本たばこ産業 1970.5 2161 33 -6286 7.81% 保有
2916 仙波糖化工業 616 660 2 -88 2.43% 売り
3242 アーバネットコーポ 258 265 85 -595 7.75% 未定
3388 明治電機工業 1242 1529 18 -5166 5.23% 保有
3440 日創プロニティ 518 556 47 -1786 4.82% 保有
3597 自重堂 6320 7140 1 -820 4.74% 保有
3656 KLab 727 790 143 -9009 0% 売り
3777 FHTホールディングス 24 31 100 -700 売り
4004 昭和電工 2272 2830 11 -6138 5.72% 保有
4005 住友化学 329 385 100 -5600 5.16% 保有
4182 三菱瓦斯化学 1329 1352 2 -46 5.26% 保有
4188 三菱ケミカル 605.8 665 45 -2664 5.28% 保有
4631 DIC 2501 2975 3 -1422 4.39% 保有
4714 リソー教育 267 271 75 -300 4.49% 売り
4927 ポーラ・オルビス 1919 2573 3 -1962 4.16% 未定
5020 JXTGホールディングス 380.1 439 100 -5890 5.78% 保有
5108 ブリヂストン 3303 3646 13 -4459 4.84% 保有
5214 日本電気硝子 1583 2352 6 -4614 6.31% 未定
5288 アジアパイルH 423 445 55 -1210 4.72% 保有
5301 東海カーボン 831 927 27 -2592 5.77% 保有
5411 JFEホールディングス 707 945 45 -10710 2.82% 未定
5703 日本軽金属H 169 183 100 -1400 5.32% 売り
5742 エヌアイシー・オート 718 767 16 -784 5.43% 保有
6032 インターワークス 382 428 57 -2622 7.85% 保有
6087 アビスト 2077 2657 3 -1740 4.91% 未定
6091 ウエスコH 367 359 47 +376 2.72% 売り
6113 アマダ 974 788 1 +186 4.91% 保有
6155 高松機械工業 555 889 1 -334 3.6% 売り
6167 富士ダイス 587 606 23 -437 4.25% 保有
6192 ハイアス・&カンパニ 157 181 100 -2400 2.42% 売りたい
6210 東洋機械金属 405 453 13 -624 3.7% 売りたい
6246 テクノスマート 855 866 10 -110 5.84% 保有
6247 日阪製作所 736 797 6 -366 2.71% 売りたい
6248 横田製作所 947 995 4 -192 4.22% 売りたい
6464 ツバキ・ナカシマ 770 1216 12 -5320 8.18% 売りたい
6741 日本信号 1047 1206 11 -1749 2.48% 売りたい
6803 ティアック 149 165 70 -1120 0% 売りたい
6810 マクセルH 984 1475 1 -491 27.23% 売りたい
6881 キョウデン 259 267 85 -680 3.86% 売りたい
7148 FPG 515 513 14 +28 5.82% 売りたい
7214 GMB 659 684 22 -550 6.06% 売りたい
7250 太平洋工業 940 1471 6 -3186 3.51% 売りたい
7272 ヤマハ発動機 1365 1384 13 -247 6.59% 保有
7315 IJTT 444 484 43 -1720 4.05% 売りたい
7833 アイフィスジャパン 690 712 45 -990 2.75% 保有
7847 グラファイトデザイン 322 380 80 -4640 4.65% 保有
7992 セーラー万年筆 120 142 25 -550 売りたい
8002 丸紅 471.4 522 45 -2277 3.18% 保有
8053 住友商事 1292 1636 10 -3440 6.19% 未定
8058 三菱商事 2341.5 2547 5 -1027 5.63% 保有
8304 あおぞら銀行 1895 2274 3 -1137 8.23% 保有
8306 三菱UFJ 419.2 454 110 -3828 5.96% 保有
8316 三井住友フィナンシャル 2763.5 2989 1 -225 6.51% 保有
8591 オリックス 1248 1183 9 +585 6.08% 保有
8593 三菱UFJリース 504 468 6 +216 4.96% 保有
8628 松井証券 759 866 15 -1605 5.92% 保有
8914 エリアリンク 877 1027 12 -1800 3.53% 売りたい
9303 住友倉庫 1241 1358 9 -1053 3.7% 保有

ネオモバ高配当少額積立投資で直近は投資金額の200万円回復を目指します!!

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

【直近の課題&今後の戦略】ネオモバ投資経過報告【2020年5月15日】

今週の日経平均株価は一時的に20000円を割り込んだものの、金曜日でなんとか2万円台に回復しました。

先週のネオモバ投資経過報告では、高配当銘柄以外は少しでも含み益があれば売却して現金比率を高めたいとい報告をしておりました。

結果としては若干ではありますが現金比率を高めることができました。

しかし本来ならもう少し利益を稼げた銘柄もありましたし、売るタイミングを逃したりということで満足のいく取引ができたというわけではありませんでした。

2020年5月8日時点

2020円5月15日時点

ゴールデンウィーク明けから決算発表が順次行われていますが、思ったよりも決算内容が良い会社もチラホラありましたので、株価が急激に上がった銘柄が結構ありました。

微益で撤退後に急上昇する銘柄もあり、自分の握力の弱さに辟易するものの、現金比率を高めるという方針の下、なるべく早期の売却を徹底しています。

最高のタイミングでの売買は難しいものの、出来る限り売りたいタイミングで売る事が出来るように、ネオモバで買い付けている低位株においては単元株になるように積極的に買い進めていました。

低位株には多いのですが、ほんの数時間の間に一気に上昇後、即急降下する銘柄も今週は多数あり、100株単位で即時売買できるように購入していたにも関わらず、売り逃したことで含み損へとマイナス転換している銘柄もまだあります。

次週からも方針は変わらず、微益であっても高配当銘柄以外は即売却で現金比率を高める一方で、新規に高配当目銘柄も1株ずつ購入して行きます。

次期の決算は4月~6月の内容になり、コロナによる不振が直撃している時期での決算報告なるので、決算発表がある8月までには更なる現金比率を高める取り引きを心掛けたいと思います。

決算発表後の暴落時に変買える様に準備して行きます。

 

【株探活用のススメ】ネオモバ投資経過報告【2020年5月22日】

今週の日経平均株価は週明けに爆上げしたものの、週末には先週末と今週明けの中間程度での着地となりました。

週を追うごとに上がって来てますが、完全に上昇基調とは言えない感じがビンビンしますね。

いつどうなってもおかしくない状況は変わりません。

ネオモバ投資経過報告

↑先週末

↑今週末

現金比率はほぼ変わらず、保有株の株価上昇で含み損が5万円ほど改善されました。

投資金額200万円回復までもう一歩まで来ました。

ネオモバ投資 今後の方針

5月の今月は決算発表が相次ぎました。

思っていたほど悲惨な決算が少なかったこともあり、結構な上目線の値動きがありましたが、今回好調だった企業でも次回の決算発表は新型コロナの自粛期間の実績と被ってきますので、正直今後右肩上がりで上がっていくという楽観視はできないと思います。

新型コロナ丸被り機関の決算発表が相次ぐ3ヶ月後の8月に大きな下落トレンドが来るのではないかと予測しますので、ここ直近では保有し続けていく銘柄と手放すべき銘柄を明確にして良いタイミングで利確していく方針です。

現金比率を上げて下落時に大量に買い増ししたい。(ソフトバンクショックがいきなり起こらないことを祈ります。ソフバンの大暴落で8月までに日経総崩れが若干怖い・・・・・。)

銘柄選定方法について

今後保有し続けるべき銘柄選定方法ですが、四季報では年4回発行という訳で、若干アップデートされるまでには時間を要します。ですので四季報の情報をそのまま今の現状にあてはめることはできません。

最新情報で銘柄選定するにはやはりWEB上での情報が必須です。

おススメなサイトはやはり誰もが知る「株探」がおすすめですね。

「株探」なら最新情報が日々アップデートされますので手軽に情報収集可能です。

しかも無料。

「四季報」は大まかな銘柄選定に活用。

「株探」で更に細かい情報をチェック。

新規銘柄を打診買い

保有株の継続保有選定以外にも、新規で購入するときに同じく「株探」を利用します。

新規で購入する前に「株探」で詳細をチェック。

この流れで買いたい銘柄があれば1株から購入可能なネオモバで打診買いして行きます。

ネオモバでは1株から購入できるので、買うタイミングを見計らわなくても気軽に打診買いしてから値動きに応じて買い増しして行けるので便利です。

 

【コロナショックから生還】ネオモバ投資経過報告【2020年5月29日】

とうとうこの日がやってきました。

ネオモバ投入金額200万円が今回ようやく回収でき、スタートラインに戻ってくることができました。

一時はもう回復しないのではないかと不安でしたがコロナショックから生還でき一安心といった感じです。(5月は総投入金額200万円から+1万円で着地)

3月13日の大底では一時的にマイナス40万円まで暴落。

そして数日前の最高値(5/28)ではプラス28000円まで一時的に回復しました。

5月最終の昨日は日経平均株価も若干の調整下げでなんとか投資金額は回収できたという結果です。

今回はコロナショックから得た教訓を今後どう生かすべきかを考えたいと思います。

反省1、実際暴落したら恐怖で買えなかった

株は安く買って高く売ることで利ザヤを得るという理屈は分かっていても、あまりにも大きく下げた時には安いという判断よりも資産が減るという恐怖が勝りました。

一発目の下落時には買い増しできたのですが、2発、3発と下げ続く中では買い増しすることができませんでした。

これは経験値が無いと大暴落の中では買えないと実感しました。結果論ですが、大幅に下落した局面で全力買いしていれば今頃大きな含み益がでていました。

今回の反省を次回に活かすべく、暴落時にはビビらず少額買い増しに徹するべきという方針を固めました。

下げ止まるまで買い増しし続けることは大量の資金が必要ですが、ネオモバなら1株から購入できるので可能です。

反省2、偏った買い増しは×

暴落時には大きく買い増しできなかったものの、少しは買い増ししました。

しかし買い増し方が一部銘柄に偏ったことで、株価回復後の含み損益に大きな偏りが出来てしまいました。

大きな損失や機械ロスを避ける為にも、買い増しする銘柄は均等に分散して買い増しするべきだと実感しました。

一部銘柄に集中投資はリスクが高いので分散は必須です。

ネオモバなら複数銘柄を少額で購入可能

反省3、少額含み益で即売却は失敗の素

今回はあまりにも含み損状態にあった為、すこしでも含み益が出た銘柄を即売却してしまいました。

結果として利益確定が早すぎたので、上昇相場の恩恵があまり得られませんでした。

今後も保有する銘柄と今後売却したい銘柄の区分を常時しておかなければ焦って利確してしまうという失態をまねきます。

損失を出したくないという意識が強すぎると反って利益を得るチャンスが無くなります。

平常心が大切。

6月からのネオモバ投資方針

次週より、売却したい銘柄を監視しながらなるべく早い段階で売却して行きたいと考えています。

緊急事態宣言解除で株価は大きく上昇していますが、やはり発表される決算はネガティブなものが多いのが実情です。

高配当銘柄も軒並み減配、無配です。

このような状況でも日経平均も2万2000円に迫る勢いで上昇していますが、今後このまま上がり続けるのは考えにくいと感じています。

とにかく利確できるタイミングを逃さず保有したい銘柄のみの積立投資に切り替えて行きます

年内中は大きく下げた銘柄のみ少額買い増しに徹して含み益を狙うよりも、含み損を低減する方針で臨みます。

少額投資ならば大きな損失を出さずに株式投資が可能です。

ネオモバで少額投資継続して行きます。