高配当銘柄をナンピンして資産をつくる【ネオモバ投資戦略】

ネオモバ投資
スポンサーリンク

ネオモバから株式投資を始めて、いつかは少額資金から大きな資産を作っていきたい。

ネオモバ利用でのメリット・デメリットを考慮すれば、最も効果的なネオモバの利用方法は高配当銘柄の積み立て投資が最適だと実感しています。

【簡単】ネオモバで高配当株5つのメリット【初心者向け】
株式投資1年生でネオモバで日本株高配当銘柄投資実践中です。他の証券口座でも取引中ですが、ネオモバは投資初心者が簡単に始めることができる仕組みがたくさんありますのでお勧めです。投資初心者はやはり損するのが怖い・・・というイメージが投資にはあり、実際に損失が出ればすぐに投資自体を辞めてしまう傾向があります。私もネオモバ以外の証券会社を株式購入を試してみましたが、なかな...
【結論】ネオモバでの資産運用は高配当株の積立が最適【超簡単】
 お金を銀行にすべて預けておくのは勿体ないので一部は株式投資のススメ「株は難しそうだからめんどくさい。」とか「株式投資に興味があるけど損したら嫌だな。」とか「そもそも投資するほどの余剰資金がありません。」とか株式投資は敷居が高いイメージをお持ちの方が多いはず。そのまま銀行に置いて放置で安定。しかし実際には意外と簡単に資産の運用は可能です。まずは大勢に全く影響のない額、...

1株から投資可能ですが、反面、大きな資産をいきなり築くことは無理です。

しかし高配当株を所有することで、不労所得として得られる配当金を増やせていければ経済的な余力も生まれてくるといえます。

【不労所得の作り方】ネオモバで高配当株を買うメリット【少額から可能】
体の自由が利かなくなって初めてお金に対して不安を持ちました。少しずつでも給与収入以外のお金を作りたい・・・・・。貯蓄はあっても、何もしなければ増えることはありませんし、働けなくなって給与所得がなくなれば貯蓄は目減りして行くだけです。お金がお金を稼ぐ仕組みを作り、不労所得を得るという考えは誰しも持つべきです。労働収入には限界がありますので、労働で得た収入を少しずつでも不労所得...

お金がお金を生む高配当株というものは、配当金を多くもらえるというメリットだけではありません。

当然デメリットもあります。

高配当株のデメリット

  1. 総じて成熟企業に多い
  2. なので株価が値上がりしにくい
  3. どちらかと言えば含み損を抱えがち
  4. 株価の値下がりが高配当に結び付くこともある
  5. 株価の値下がりによる高配当化は減配の恐れが大きい

つまり、配当金を得ることができたとしても、そもそもの保有株の含み損が大きくなりすぎてしまえば、配当金を足し込んだところで、相対的には結果として資産を減らしてしまう可能性が大きいです

このようになってしまうと、配当金をもらう為とはいえ、精神的にはあまり良い状態で高配当株を保有することはできません。

できることならば配当金をもらいながらも、含み益がある状態で高配当株を保有して行きたいと考えます。

含み損を大きくしないその方法とは・・・

  1. まずネオモバの口座開設
  2. 高配当銘柄をできるだけ多くリストアップ
  3. 保有したい銘柄を少しずつ(1株ずつ)保有していく
  4. 株価が下がった時点で買い増し(ナンピン)する
  5. 株価が上がれば放置
  6. 保有株が順調に値上がりしていれば新たな銘柄を探す
  7. 保有銘柄を増やしながら知識を蓄積していく
  8. 配当金を受け取りながら、受け取った配当金は再投資
  9. その際もできるだけ割安に購入できる銘柄を探して再投資
  10. 業績の回復が直ぐには見込めない場合は放置&大幅下げで買い増し(ナンピン)
  11. 損失が広がりすぎると判断した場合はしかたなく損切(売却)

このように、単元株では決してできないようなナンピンを多くの銘柄で繰り返すことで平均取得単価を下げつつ配当金を増やして行きます。

投資経験と知識を増やして行く中で、買い増し中の銘柄を見限る(売却)時ももちろんあると思いますので、その際は思い切って損切することも必要だと思います。

しかし、せっかく買い集めて銘柄を手放すのは少々心苦しい気もしますね。

ネオモバなら少額で資産を増やせていけるので可能な投資戦略だといえます。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村