【コロナショック大暴落】長期積み立て投資を始めるチャンス到来かも?【ウェルスナビ経過報告】

ウェルスナビ
スポンサーリンク

コロナショックで株価の下落が止まりませんね。

株価急落の底は今だわかりませんが、長期積み立て投資を始める絶好のチャンスが到来しています

私は昨年末からWealthNavi (ウェルスナビ)を始めたのですが、始める前は右肩上がりの相場だったので始めることに躊躇していました。

「今は高すぎるしもう少し安くなってから始めないとすぐ損失を抱えそう」と考えていました。

しかし長期積み立て投資において積立期間が長ければ長いほど複利の効果で運用実績は良くなるということですので、いつ始まるかもわからない暴落を待つよりも直ぐに始めた方が良いという結論にいたり始めました。

今回のコロナショックでの大暴落により、この判断(右肩上がりの相場でのウェルスナビのスタート)の結論はもう少し待っていれば良かったのにということになりました。

ですので、長期積み立ての資産運用に興味がある方にとっては、最高のスタートチャンスが訪れたということです。

確かにまだまだ下げ止まりとも言えませんが、相場の底からスタートすることは難しいですし、株式市場において歴史にのこる大暴落であったことは間違いありませんので、長期積み立て投資の観点からすれば、十分株価は下がっており、投資スタートを切る絶好のチャンスであることは間違いありません

⇓コロナショック前の損益は全ての資産クラスにおいて含み益状態でした。

⇓そしてコロナショック真っ最中の現在

全ての資産クラスがマイナスです。

今になって言えることですが、やはりウェルスナビのスタートはもう少し待っていればよかった・・・。

逆にいえばまだ始めていない人はチャンス到来です。

長期積み立て投資ではいかにたくさんの株数を買えるかという点が重要となります。

一定の金額を毎月積み立てる場合、株価が安ければ安いほどたくさんの株数を購入できることになります。

そして株価が上がった時点で株数が多いほど大きなリターンが得れるわけですね。

ですので長期積み立て投資では最終的に右肩上がりになっていれば含み益を得ることが可能になります。

株価の上がり下がりに一喜一憂せずに機械的に毎月積み立てることが重要です。

株価が上がれば資産が増えますし
株価がさがれば多くの株数が買えます。

 

 

コロナショック前にはすべての資産クラスを購入していましたが、コロナショック後では金と不動産は購入していませんでした。

つまりより下落している資産クラスを集中的に購入して株数を増やそうとしています。

WealthNavi (ウェルスナビ)ではこのような資産の購入もほったらかしで行ってくれるので投資初心者にとっては非常に心強いですね。

現状含み損でがっつり投資金額よりも資産が深堀されていますが、この状況では多くの株数を購入できるとプラスの思考への切り替えが継続の為には重要です。

永遠に株価が下がらない相場などあり得ませんし、積み立て投資の場合下落局面が無ければリターンは大きくなりません

WealthNavi (ウェルスナビ)などの長期積み立て投資において一番してはいけないことは、含み損がある段階で早期に辞めてしまう事です。

損することに抵抗があれば続けることがつらくなるかもしれません。

しかし世界経済が終わらない限り、続けていればいつか必ずプラスになります。

そして運用期間が長ければ長いほどプラスリターンは大きくなります。

今回のコロナショックは株式市場において歴史に名を連ねる暴落といえます。

ですので今がウェルスナビなどの長期積み立て投資をスタートする絶好のチャンスです

半年前の自分に言いたいことを今回は書いてみました。

ウェルスナビを始めようか悩んでいる人が始めるきっかけになれればと思います。

【ロボアドバイザーNO.1】WealthNaviお勧めの理由【利用者の感想】
少し前から話題のロボアドバイザーでの資産運用については様々な意見があります。実際運用した経験者の意見でも賛否は分かれています。結構辛辣な意見が多いような気もします。しかしウェルスナビのサービスはまだ始まったばかりで数年しか経っていません。批判する意見を鵜呑みにするのは勿体ないかなと思います。もしあの時ウェルスナビで積み立ていれば今頃は・・・・・・。数年後に後悔するか...