障害者採用枠の面接内容ってどんな感じですか?

転職活動
スポンサーリンク

40代に突入してまさかまた就職活動をしなければならないとは思っていませんでした。

働きながら転職活動は非常に大変です。面接慣れしていないと対策も必要になってきます。

同じような環境にいらっしゃる方の参考になればいいかなと思います。

面接は大体2回で終了、3次面接はほとんどないと思います

おそらく障害者枠での募集の場合、面接回数は2回が多いと思われます。私の場合は受けた面接は全て2回でして、3(面接官)対1(私)の面接でした。1回目は人事部の方含む3人、2回目は職場の方含む3人といった感じです。

どこの企業も配属先になる部署の方が最終で出てくる感じです。(品定め感が強い)3次面接もある企業があるかもしれませんが多分ごくわずかだと思います。

1回目の面接はこちらの都合が良い日時に設定してもらえますが2回目は企業指定の日時が多いです。転職エージェントも2回目は日時の変更はしない方がよいという事でした。なので現職の仕事の日程調整が必要になります。

しかしどうしても無理なら変更をお願いしてもいいような雰囲気ではあります。というのも面接官で役員クラスは出てこないので、だいたい職場内で結構調整が効くのではないかというのが私の感想です。

どうしても行きたい企業でしたら変更はやめておいた方がいいと思いますが、それ以外なら変更もありだと思いました。

質問内容はどこも同じような内容(転職エージェントの予想通り)

転職エージェントでの模擬面接では大体質問されそうな内容で面接を行えます。

これは今までのエージェント利用者からのフィードバックで質問内容を想定しています。

ですから実際も同じような内容の質問が多かったです。内容は至ってシンプルです。

”長所・短所・現職での仕事内容・今までで一番の成功体験・失敗体験・得意な仕事・苦手な仕事・相性があわない同僚との接し方・趣味・ストレス対処方etc”

このあたりの内容は普通の面接ないようとほぼ変わらないのではないかと思います。

採用企業が一番聞きたいことはどうして転職したいのか

面接で一番話が長くなったのは”どうして転職するのか”ということでした。

これは障害者枠の場合”どうしてこの会社に入りたいのか”とういよりも”どうして今の会社じゃダメなのか”という事です。

そのダメな理由が転職することで解消できるならば企業側も受け入れ易いという感じでした。

私の場合は給料が激減するのでどうして今の会社じゃダメなのかを結構長々と問われました。

私は働く時間を短くしたいのが1番の優先事項であったのですが、「今の会社じゃそれは無理なのか?」とどこの会社でも聞き返されました。(無理なので転職活動しているのですがなかなかブラック企業の実態は理解されにくいのでしょうか?)

仕事内容が障害によってどの程度制約されるかが重要

いざ内定をだしても障害者の場合、実際働き始めたら障害で業務が制約されては困ります。

支障がでても採用側も解雇しにくいわけなので、念入りに障害でどのような制約があるかを聞かれます。

またその制約でできる業務があるかも見定められます(オープンポジションと言います)。

障害者枠面接ならではの質問内容ですが、この内容に関しては全て正確に伝える事がのちに入社後の周りの理解に大きく繋がりますので、無理に制約の幅を縮めるより、正確に伝えることがなによりのメリットになります。

面接内容は至ってオーソドックスだと思います。職務経験よりも人物像重視な印象。障害による制約は、正直にわかりやすく伝えることが転職後の周りの理解につながります。