【株初心者】少額投資でお金を増やす方法【ネオモバをはじめよう】5つのメリット

ネオモバ投資
スポンサーリンク

本業の給与収入だけではなかなか資産形成できなくてどうしよう。

副業でアルバイトでもした方がいいかも・・・・。

しかし正直しんどいし体力にも限界がある・・・。

給与以外の収入はやっぱり投資で増やす方が得策かもね。

お金に働いてもらうという思考ですね。

投資ってなんかよくわからないし、大損したら更にお金に困るから

敷居が高いんですよね。自分とは無縁かも

確かに絶対儲かるわけではないけれど、投資の仕方によっては

高確率で資産を増やせますよ

興味はあるけど、まとまったお金が無いから自分には無理かな・・・

少額からでも投資可能な証券会社ネオモバイル証券なら

お小遣い程度でコツコツ資産形成できてお勧めですよ。

お小遣い程度で株が買えるなら失敗しても大きな痛手は

負わなくて株式投資にチャレンジできますね!!

投資初心者に超お勧めなのでネオモバでぜひ

株式投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

株式投資の今までの概念をぶっ壊すネオモバイル証券では1株から手数料ほぼ無料で購入できるので、株式投資初心者には超お勧め投資方法です。

少しでも興味のある方はネオモバで株式投資始めませんか?

メリットその1:少額から投資できるので気楽に始める事ができる

株式投資では単元株での購入が基本ですので、1株1000円の株を購入する為には、普通の証券会社では10万必要です

仮に10万円で購入した場合1株100円下がれば1万円の含み損を抱えてしまいます。

株初心者なら、少しの損失で株式の購入をためらってしまいますので、株式投資に対して気楽に始めることができません。

しかしネオモバなら少額からいろいろな会社の株を買えるので少しくらいの株価の下落にも気軽に対応できます。

株初心者にとってネオモバはかなり株式投資の敷居を下げてくれます。

メリットその2:高額な株価の株が1株から買える

ネオモバなら高額な株価の株でも1株から購入できるので、自分が投資したい会社の株を株価をあまり気にすることなく買うことができるのが魅力です。

資金によって買いたい株が買えずに、株価の安い株ばかり購入することは決して良い結果を生みません

買いたい株より買える株を買っても面白くありませんよね。

高い株価の株でもコツコツ長期で買い増しできるのはネオモバの魅力です。

メリットその3:損失を抱えても挽回できるチャンスがある

単元株で購入した株価が値下がりした場合、100株単位だと買い増しして平均取得単価を下げることがなかなかできずに、折角買った株も塩漬け状態になりかねません

最悪買った株価まで上がる見通しのない株は損切して損失を確定しなければならなくなります

しかしネオモバなら、1株から購入できるの、万が一株価が下がっても、下がった時点で買い増しできるので、平均取得単価を下げて、利益を得て売却することもやりやすくなります。

株初心者にとっては利益確定のチャンスが広がるのでお勧めです。

メリットその4:色々なポートフォリオが少額で作れるので楽しい

少額でいろいろな株がかえるので、自分に投資方針に基づいたポートフォリオが簡単に作れます。

例えば高配当銘柄ばかりでポートフォリオを作成し、配当金目当ての投資で少額から気楽に株式投資を楽しむこともできます。

また、株価の値上がりを期待したポートフォリオでは、数多くの銘柄を買うことで、値上がりする期待値も大幅に上がります。

なにより、色々な株を買うことができるので、楽しく株式投資ができるのはネオモバのメリットです。

メリットその5:大損しにくいので長く続けることができる

最大のメリットとも言えるのですが、株式投資で大金をはたいて買った株が大幅に値下がりすれば、大損失を抱えてしまい、株式投資を辞めてしまう可能性があります。

そして再び始めることへも抵抗ができてしまって株式投資自体を辞めてしまいます。

しかしネオモバなら、少額からいろいろな株が買えるので、分散投資によるり大幅な損失を回避できます。

大損しないので株式投資を長く楽しむことができ、知識や経験も増やすことが可能です。

やはり経験値なくして株式投資の成功はありえません。

まとめ

ネオモバでは株式投資初心者にとってのデメリットはほぼほぼありません。

強いていうなら、S株の即時売買ができないくらいではないでしょうか。

それ以外はメリットしかありません。

S株の手数料は普通の証券会社は割高なのですが、ネオモバはほぼほぼ無料に近いです(Tポイント還元による)。

この機会にネオモバの口座開設をして株式投資にチャレンジすることで不労所得をつくりましょう!!!

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村