45歳リストラについての考察【辞めてほしい人たちは辞めないのでは?】

雇用問題
スポンサーリンク

45歳でリストラする大手企業が話題です。

この流れはトレンドとなり他の企業も追随する流れになるでしょう。

しかしこの流れが企業にとってプラスになるかどうかは数年後の結果をみなければ誰にも分りません。

ですので右へならえで行うべきかどうかは微妙です。

そして今現在リストラの対象になっている人も悩ましいところだと思います。

45歳前後は就職氷河期の真っただ中の世代です。

その世代は普通の就職すら狭き門でした。

その門をくぐりぬけてきた世代ですので、控えめにいってもその世代の上と下よりは優秀な人材が多いはず。

しかし45歳を区切りでリストラです。

そもそもなぜ45歳からが対象であるかはコスト面での問題はもちろんですが他にもビジネスモデルの返還を図りたいのでしょう。

要らない部署が多く作られているはずです。

業績悪化で子会社を清算したことにより天下る会社の代わりに作られた天下りの為の代替部署。

ある意味天下り部署で存在意義が薄い部署の解体。

しかし会社都合でのリストラでは上乗せで支払う退職金の総額も企業の負担です。

そんな負担をしてまでリストラに着手するのはなぜか。

45歳以上といえばいわゆる管理職が大部分です。

企業にとって管理職は無くてはならない存在です。

有能な管理職に辞められれば大きなダメージは必須です。

しかし会社にとってそのダメージ以上に高給な45歳以上に上乗せ退職金を支払ってでも辞めてもらいたい事情があるのでしょう。

逆に言い換えれば、それだけ無能な45歳以上が多いということです。

無能は管理職や、管理職になっていない無能な45歳以上が大量に存在しているという事実です。

ここで思うのですが、おそらく45歳以上のリストラでは会社が想定している以上に希望者が殺到しているのではないかと思います。

そしてその希望者の多くは、実際には辞めてほしくない有能な管理職が大部分を占めて、本当は辞めてほしい無能な管理職や一般職は辞めずに会社に居続けると思われます。

リストラに着手する企業というものはそういう傾向にあるのです。

リストラに着手して、賭けにでなければ業績を改善する手段がない企業です。

リストラする以前から内部での役割分担や会社の風紀や意味不明な部署が作られたりと乱れているということです。

そのような会社ですので真面目に会社に尽くした有能な管理職はおそらく会社の未来には絶望しているはずです。

不満もあることでしょう。

そして会社に良いように乗っかている既得権を行使して周りから煙たがられている本当は辞めてもらいたい部類の人たちは居残ります。

リストラという賭けにでるには会社としてのビジネスモデルが有能な管理職を手放してでも成り立つ確証が持てなければ上手く行きません。

辞めてほしくない人達を手放してでもコストパフォーマンスの低い層を減らす手段のリストラ。

辞めてほしい人は辞めない。

思うように行かないのが現実ではないでしょうか。