【払拭できない】業績が悪い会社の真実【それなりの理由がある】

職場環境
スポンサーリンク

ブラック企業で20年間働いていました。

仕事自体は嫌いではないので働き続けましたが、あまりにもまともな神経の人間には務め続けるのは不可能であると判断してスッパリと退職しました。

やはりまともな人間が働き続けることが不可能と判断する企業は業績は一向によくなりません。

ここで誤解の無いように説明しますが、自分はまともな人間であるという勘違いを強調したい訳ではありません。

ただ会社として人間として備わっているいる優しさや情や人に迷惑をかけてはいけないという最低限のマナーすら通用しなくなってしまった会社というものは職場環境が著しく良くないわけです。

表向きはコンプライアンスの遵守や労働基準法の遵守を謡いますが、内情は決してそれが守られているわけではありません。

逆に対外的にいい顔をするが為にあらゆる抑圧が職場を支配して行きます。

不満が積み重なれば営業成績にその不満は必ず反映されます。

自社株を買わされていましたが、退職して個人として保有する株は大きな含み損を抱えています。

結局はそういうことです。

従業員に不満が多い会社というものは業績が良くないのです。更にいえば業績が悪い会社の上位職の人間は人として欠陥人間が多いのです。

良識のある人間は潰されていくのです。

今現在、未来は見えてきました。

どんなに頑張っても取り返せないほど業績は落ち込んでいます。

会社として一番大切なものは経営方針です。

その経営方針にのっとってすべての行動が決定づけられます。

経営方針は素晴らしくても、その経営方針にのっとった行動がなされなければ何も上手くいきません。

一個人の優秀な仕事など会社にとって何の役にも立ちません。

すべてが経営方針にのっとった行動なのです。

ゆえに対外的にいい顔をしたとしてもそれは経営方針ではありません。

経営方針に対外的にだけ上手くやれなどという経営方針はありません。

業績の悪い会社というものは何から何までおかしなルールで職場を支配します。

それがプラスに働くと信じているから手に負えません。

不満不満不満で満ち溢れている会社に未来はありません。

上位職が一般職より常識が無くなった時点で会社としての終焉を迎えています。

それに気付かない限りもう潰れるしかないのです。

職場がおかしいと思っている人は早期に退職することをお勧め致します。