転職エージェントの利用はメリットばかりではありません。デメリットも経験からお伝えします。

転職活動
スポンサーリンク

転職エージェントの利用は転職への近道なのは間違いありません。しかしメリットだけではありませんのでデメリットを理解したうえで利用すべきです。実際に利用した経験からデメリットをお伝えしますので参考にしてみてください。

完全無料で利用可能ですが転職エージェントは慈善事業ではありません(完全に商売です)

普通に考えて無料でサービスを利用できると言われると怪しさや胡散臭さを感じると思います。なので完全無料には裏があります。

転職エージェントはビジネスとして転職希望者を集めて登録を促します。要するに転職エージェントに登録すると登録者はエージェントの商品という位置づけになるイメージです。

その商品を企業に売る(内定させる)ことで成功報酬を受け取っているわけです。(大体就職先の年収の30%くらいだそうです)なので転職エージェントは商品を内定→就職にどんどん導くことで成り立っています。

転職エージェントのあなたに就いてくれる担当者は営業者として企業にあなたを売り込んで営業成績を上げるのです。なので商品(転職希望者)は多くあった方が儲かりやすいのです。

もし仮に何気に転職エージェントに登録すれば電話は頻繁にかかってきますしメールは山のように届きます。なので結構うっとおしく感じるかもしれません。

結論は転職エージェントを利用するけど利用もされるということです。なので自分の意思を強く持ちつつ利用しましょう。

妥協点を見つけないと利用は難しい

先ほども申しましたが転職エージェントはより多くの転職をマッチングして儲けています。その観点から考えれば内定の出やすい企業は紹介しますが内定が取りにくそうな企業は紹介してくれない可能性は高いと思います。

エージェント利用者の市場価値を見定めて、より確実に内定が出そうな募集案件を勧めてくるイメージです。(なので同じような案件が多い)

もし、”もっと条件のいい募集案件に応募したい”と思ってもその案件を勧めてくれない可能性は高いです。転職エージェントも無駄撃ちはさせてくれません。逆に言えば紹介される募集案件が自分の客観的な市場価値であると受け止めるべきでしょう。

転職エージェントは各社強みがありますので2~3社の転職エージェントを掛け持ち利用しながら自分の妥協できる募集案件を探すのがベストだと思います。

担当の方との相性もあります(担当者は選べません)

利用する転職エージェントではメイン担当者を通じて転職活動を行うことになります。

人対人なのでやはり相性の問題はあると思われます。

複数の転職エージェントがあるのでどうしても担当者と合わなければ別のエージェントを使うことをお勧めします。質の低い担当者と関わるのは時間の無駄です。

これもやはり縁なので相性の合わない担当者との転職活動は正直しんどいです。

相性の良い担当者の下で募集案件に集中できる環境を整えて臨んでください。

すべてにおいて転職希望者の味方というわけではありません

先ほどもお伝え致しましたがエージェントは商売であり、登録者は商品です。

なので商品が煮え切らないと(転職の意思ややる気がないと)商品価値が無いと判断され、売り込みされなくなります(後回しになる、不利になる)

仮に内定が取れても就職、転職者が企業に入社しなければエージェントへのリターンはありませんので、場合によっては登録者の意思に寄り添わず、もうプッシュで現金化行為を推し進めてくるかもしれません、要は上手く説得して就職へと導こうとするかもしれません。

ですのでここは今一度自分の意思で考え抜いて決断してほしいと思います。

最終判断を下すのは自分自身です。今までお世話になったと考えて推し進められるがままにエージェントの意見を鵜呑みにするのはNGです。(別にお世話になんかなっていません。話半分で相手したほうが良いです)

自分の意思に反する決断はやめましょう。

商売道具として利用されているという事実は認識しておいてください

転職活動でお互い利用し利用される関係なのです。転職エージェントのビジネスモデルなので割り切ってください。

真面目な方ならばどうしても色々やってもらっているという印象で利用してしまうかもしれません。(親切心でエージェントは動いていません。何度も言いますがビジネスです)

そういう方に提案があります。企業での選考が終わると、エージェントへの選考内容の報告をお願いされると思います。

そこでの情報は今後の転職エージェントのノウハウとして蓄積されていきます。

転職エージェント利用者はその報告が完全無料への対価だという心構えで利用すればいいと思います。

最終的に納得のいかない転職活動をしても意味がありませんし、エージェントもやはり納得の行く転職活動を成立させなければ評判はあがりません。

WinWinの関係で終われるように割り切って転職エージェントの利用をお勧めします。

メリットデメリット双方ありますがメリットの多い利用ができるように情報収集は必須です。複数エージェントの登録をお勧めします。

転職エージェント利用のメリットを経験からお話します。
転職したいけど何からすればいいかわからないし、そもそも転職できるのか不安。求人表をみてもよくわからないし、まずは何からすればいいかわからない等、結局めんどくさくなってしまいます。転職エージェントの利用でそういった未知の部分は解決できます。利用した経験からまずは利用メリットについてお伝えします。一番のメリットは煩わしい事が色々と省けて短い時間で就職活動できます仕事をしながらの転職活...