この世からいなくなりかけたお話(不思議な感覚)死ぬ瞬間ってどうなるの?

入院・手術
スポンサーリンク

いきなり死にかけた話

ある日突然不整脈で心肺停止し倒れました。そして意識不明になりました。

救急車の中で蘇生され、そのまま病院に担ぎ込まれたそうです。自分には全くその時の意識はなく(当たり前ですが)、倒れる前兆も倒れる瞬間の意識もありませんでした(倒れたことすら気付いていないのです)。

そして3日間意識不明の状態が続き、4日目に意識が戻り命は助かりました。

たぶん稀な話だと思うので、すごい経験をしてしまったな、という感想です。

この経験で一番深く実感したこと、不安に苛まれたこと、は”知らない間に自分はいなくなってた”かもしれないという不思議な感覚です(わかりますかね?この感覚。苦痛も痛みもなく突然この世から消える、更にそれは自分だけ知らないうちにです)。

現実を理解しきれない状態とは?

先ほど4日目に目覚めましたと言いましたが、私は5日目からの記憶しかありません。

目覚めたらしいのですが覚えていないのです。(まるで幼すぎるときの記憶が無い的なかんじでしょうか?)そして自分に何が起こっているのかが理解できない状態。。。受け答えはできるのですが現実は理解していません。不思議な感覚です。今までに経験した感覚ではありません。

そして幻覚と幻聴に支配されていました(これはお薬が原因だったみたいです。詳しくは聞いていません。医療関連ではあるあるなのでしょう・・たぶん)。

半分現実・半分幻覚の世界でした。なのでこの間わけのわからない映像を見まくることになるのです。まさに映像でした。幻聴は実在の人物が多数、自分の周りに出現します、が実際に周りにはもちろんいません。(長くなるのでまた別に記載したいと思います)不思議なのですが幻聴と幻聴に支配されているのに、現実もちゃんと覚えていて記憶も残っている。実際まともな内容を受け答えもできていました。本当に不思議でした。

徐々に現状を理解し始める感覚

そしてある日、突然、病院の集中治療室のベッドで漫画を読んでいる時に理解し始めました。

「あれっ?」って?「今までの自分おかしかったんじゃないか?」自分に言い聞かせました。「そうかおかしかったんだ」と確信しました(これはお薬が切れてきたからだと思われます)。

現実にもどりました。

確実に意識が完全にもどるといきなり現実がやって来た

絶望的な気持ちになりました。

いままで何となく考えていた不安な事がいきなり現実にやってきました。思考停止しました。

そして手術の日程を告げられました。テレビでみてた”あの感じ”の手術です(今まで経験がなかったので・・・)。

恐怖なのですが、正直色々ありすぎてそこまで恐怖はかんじませんでした。

「ちょっとこわいな」と思いました。 

人生観変わりますか?

こんな経験をしてしまって(担当医の先生いわく、助かったのは結構「稀」ということでした)、いろいろ周りの人達に聞かれました。

よく聞かれたのは「三途の川見たの?」「人生観変わった?」「まだなにか遣り残したことがあるのでは?」です(結構おなじこと聞かれます)。

三途の川は見ていません。厳密に言うと見てたかもしれません。しかし意識がもどった時の記憶がないのでわからないのです。

人生観は今のところちょとだけ変わりました。すごく変わった状態を10とすれば2くらいかわりました。

だけど本質的にはまだ正直変わった感じはありません。できることなら8くらい変わりたい。

最後の「まだなにか遣り残したことがあるのでは?」は哲学的?宗教的?難しいことはわかりませんが「なにか遣り残していることを見つけてみたい」が今の気持ちなのでおそらく遣り残したことは何もなかったと思われます。

”今の瞬間”から”次の瞬間”はあたり前にやってきますが、もし自分が意識しない状態で”次の瞬間”がなかったら不安になりませんか?

不思議な感覚のお話でした。

意識はもどった。だけど「せん妄」を起こすお話
倒れて意識不明になり4日目に意識がもどり5日目から記憶が戻りました。看護師さんが朝やってきます。最初に「お名前教えてください」「今日は何月何日何曜日ですか?」「ここはどこですか?」と同じ質問がありました。名前は言えるのですが日付と場所が言えません。近いところまで言えますが間違ってしまいます。間違うとすごく残念な気持ちになってしまいます。頭がはっきりしない状態でした。妄想・錯覚・幻覚な...