仕事ができない、しかし会社で生き残れる理由【逆パワハラ】

職場環境
スポンサーリンク

会社ではパワハラ上司は山のような数で存在しますが、そんなパワハラ上司も手を焼く人材も多数存在しております。

手を焼く人材であったとしても会社内では特に困った様子もなく生き生きと働いている事例は多くみられます。

逆に会社という組織の中では、いわゆる「普通の人」という存在が一番生きにくいのが現状ではないでしょうか?

普通に仕事ができ、普通に気遣いでき、普通に穏便にことを済ませる・・・・。

このような人は周りの環境に自分を左右されますので、アクの強い人間の餌食になりがちです。

アクが強い人間ほど組織ではいい意味でも悪い意味でも存在感を発揮しているように思えます。

会社という組織で生き残る為には「仕事ができる」という条件だけでは生きづらいのです。

「仕事ができる」人であれば社内での評価は高く、存在感が発揮でき働きやすい環境を得ることができそうですが、「仕事ができる」という要素だけでは働きやすい環境は得ることができません。

もう一つなにかの要素が必要になります。

「仕事ができる」×「自責の念が強い」人では、すべてを抱え込みつつ、潰れてします可能性が高いです。

組織の中で生きやすいポジションを得るには2つの要素を持つことが重要です。

2つの要素の組み合わせで、仕事ができても会社内で生きづらくなったり、逆に仕事ができなくても会社内で生きていくことが可能になったりします。

最も最強であると思われる2つの要素の組み合わせは「仕事ができない」×「無神経」が最強です。

この組み合わせは自己防衛力が突出して高い組み合わせです。

パワハラ上司でさえ手を焼く存在となり、最終的にはもう誰も口出しすることさえ諦められてしまいます。

要するに組織の中に居ながら個人事業主状態となります。(誰もなにも言わない)

最初は高圧的であったパワハラ上司も、最強の組み合わせを持つ部下に対しては、あまりにも自分の思うようにならない為、相手にしていると疲弊してしまいます。

最終的には見て見ぬふりを決め込みます。

当の本人は無神経なので、放置されていることすら気付きません。

このタイプは、そもそも無神経なので自分が仕事ができないことすら気付いていない場合が多いです。

ですから自分の実力以上の講釈を垂れるので、組織の外では一見仕事ができる存在にみられることも可能としてしまいます。

「仕事ができない」×「無神経」な人は上司の手を異常なほど煩わせてしまいます。

ですので大きな組織ではすごいスピードで転勤してしまいがちです。

パワハラ上司も手を焼く、逆パワハラで異動と言った感じです。

逆パワハラの良い点は公的に非難されないということです。

権力をもつ上司の、部下に対するパワハラは会社内でも非難の対象となり、何らかな罰則を被ることがありますが、上司の手にも負えないほどの、非生産活動を行う逆パワハラは公的に非難されません。

同僚などの文句の対象にはなり得ますが、そんな小さなことを気にするようでは逆パワハラなど行使できません。

こうして「仕事ができない」×「無神経」な人は社内での出世はあまりできませんが、心を病むことなく居心地の良いポジションを社内で獲得することができます。

いわゆる無双状態です。

会社内で働きやすい環境を得るには放置されても大丈夫な強いハートも時として必要です。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村