転職しない方がいい人の特徴【転職したら後悔するかも】

職場環境
スポンサーリンク

転職すれば現状の不満が解消される!かと言われればそうではありません。

何気なく転職したいと思っている人であればおそらく転職後も同じような悩みで消耗してしまいます。

転職してからの消耗は前職の職場よりもダメージが大きいはずです。

まずは、なぜ転職するのか?という問いを自分に問い続けなければなりません。

そこから自分は本当に転職するべきか、しない方が良いかの判断です。

転職することは今や全く珍しいことではありませんが、決して気軽にするべき行動ではないです。

ここでは転職はまだしない方が良い、もうちょっと考えるべきと思える方の特徴を解説します。

①人間関係で転職を考えている人

あたりまえなのですが、現状、職場で嫌な人は転職先にもまったく同じような人が存在します。

これは非常に不思議なのですが、どこに行っても同じような嫌な性格の人間は必ずいるのです。

ですので人間関係が嫌で転職しても、転職先でも全く同じような状況になります。

転職する前にまずは現職の人間関係を頑張って修復すべきです。

②安い給料で転職を考えている人

給料は安い場合はまずは残業時間の賃金化を試みるべきです。

残業しても賃金にならないのは普通に考えておかしな話です。

転職しても基本給が大幅に上げることは難しいです。

今まで当たり前とされているサービス労働の賃金化を試みましょう。

それが無理なら定時で帰って副業するのも一つの方法です。

③長労働時間で転職を考えている人

長労働時間は改善できる悩みです。

仮に仕事が終わらないならば、やる事を考える前に、やらない事を考えてみましょう

以外と絶対にやらなければならないという事は少ないです。

人手不足で出来ないならば、その内情を正直に告げて、自分で背負うべきではありません。

会社は仕事を背負う人間を見て見ぬふりをします。

ですので、長労働時間で働いても、勝手に働いているという程度にしか見てくれません。

仮に時間内でしか仕事をしないことを非難されても、転職後の苦労を考えれば、べつにどうってことはない非難です。

完全無視でOKです。

④社内で成果を上げたことが無いけど転職を考えている人

現職で成果を上げたことが無い人は、転職すると厳しいと思います。

何らかの成功体験が無ければ転職後も成果を上げる事は難しいです。

もし転職を考えるならば、その前に現職で一度大きな成果を上げて認められましょう。

⑤仕事ができない人けど転職を考えている人

今の職場で仕事ができなければ、転職しても無駄です。

余計につらい思いをします。

まずは現職で仕事ができる人になりましょう。

⑤評価されないから転職を考えている人

こういう方は非常に多いと思われます。

やはり評価は人間がするものでありますし、評価される背景も人によって異なりますので、一概に優秀だから評価されるというわけではありません。

しかし運よく評価されることはあるかもしれませんが、運悪く永遠に評価されないということは無いと思います。

結局実力がある人は早かれ、遅かれ、評価されるものです。

ですので、現状評価されていない事に不満がある人は、もう少し待ってみた方が良いです。

転職すればまた一から積み上げなければなりません。

そうするよりも、実力があるのならば、今積み上げている会社で評価される方が早いはずです。

上記のようにまずは現状の悩みや不満にたいして改善する行動をとるべきです。

それでもやはり転職した方がマシだと思えるのであれば転職を考えるのもありだと思います。

そして上記の理由が複数重なり総合的に会社に嫌悪感が生まれているようなら転職してください。